黄斑上膜とは加齢で目が見えにくくなる原因のひとつ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

網膜は眼球の内側にある、神経でできた膜です。そのほぼ中央にある「黄斑」は、見るものをクリアに感じる部分。黄斑上膜とは、この黄斑上に半透明の膜ができる病気です。通常は失明することはないそうですが、進行すると、治療法は手術のみとなります。視力が落ちたと感じたり、なんとなく歪んで見えると思ったりしたら、まずは検査を受けてみてください。黄斑上膜について、医科サプリ編集部がお届けします。

黄斑上膜とは加齢や疾患が原因でおこる病

黄斑上膜はどこにできるのか

網膜は瞳孔から取り入れた光をあてて見るものを映し出す、映画館のスクリーンのようなものです。黄斑とは網膜の中心にある直径1.5~2ミリほどの部分。色覚を司る錐体細胞があり、ものを見るときに大変重要です。黄斑上膜とは、この網膜の表面に膜ができる病気です。

加齢による発生(特発性)

特に原因となることがなくとも加齢により発生するものを特発性といいます。黄斑上膜の発生にはいろいろな原因がありますが、最も多いのは加齢によるものです。正常な眼球でも、年を重ね40~70代になると眼の大部分を占める硝子体に生理的変化が起こり、網膜から硝子体が離れていきます。この時に硝子体の一部である硝子体皮質が黄斑表面に残ると、そこにさまざまな細胞が溜まっていき、分厚い膜をつくります。膜はやがて線維のようになり収縮します。この収縮で網膜にしわがよると、見るものが歪んでみえる原因となります。眼の中心部に水が溜まることもあります。膜によって視力も下がります。軽度の場合は自覚症状がない場合も多くあります。

疾患が理由で発生(続発性)

眼に何かしらの傷を負う、網膜剥離の手術後、網膜に穴があく網膜裂孔、眼内の炎症であるぶどう膜炎など、眼の疾患が原因で黄斑上膜ができる場合もあります。疾患の続きにおこるので続発性といいます。

検査で見つかる黄斑上膜とは

黄斑上膜の症状とは?

黄斑上膜になったからといってわかりやすく視力が下がるわけではなく、自覚症状がない場合も多く見受けられます。突然、症状が現れるようなことはなく、いつの間にか見えなくなっている感じだそうです。自己診断方法としては、アムスラーチャートという格子状の図があります。ノートのマス目や障子の桟などでも代用できます。何かしら格子状のものを片目ずつ見て、見え方を確認してみてください。中心が暗く見えること中心暗点といいます。そのように見える場合は黄斑上膜を疑ってみてください。見るもののゆがみがでる、波うって見える(変視症・へんししょう)、霧がかかったように見える(霧視・むし)など、日常での見え方と明らかに違う点があれば、眼科を受診しましょう。

黄斑上膜は、網膜の中心である黄斑の上に膜ができるので、進行してくると膜越しにものを見ることになり、見えにくさが生じます。黄斑上膜の厚み、収縮度などによって症状の程度は異なります。膜が収縮することで網膜を引っ張り、しわをつくることがあります。そのせいでものが歪んで見えることもあります。黄斑にむくみを起こすこともあります。たいていの場合、失明することはありません。このように黄斑上膜は、放っておくと黄斑部に強いしわやむくみをつくることがありますので、手術をしなくとも定期的な診察をおこない、状態を把握しておくことが大切です。

いち早く病気に気づくための検査

黄斑上膜の検査では、通常の視力検査や眼圧検査などの他に、直接眼底の状態を見る「眼底検査」、ゆがみの程度を判定する「アムスラーチャート」、網膜の断面を撮影する「眼底三次元画像解析検査(=OCT= optical coherence tomography=光干渉断層計)」などをおこない黄斑上膜の状態を総合的に判断します。OCTは脳のCT検査のように網膜を断層状に見ることができ、黄斑上膜の下にある網膜の様子がよくわかります。

黄斑上膜の治療法

症状に自分で気づくことは少なめ

黄斑上膜は眼の一番奥で起こる病気です。目薬や飲み薬、メガネなどでは治療することはできません。黄斑上膜を取り除くには、眼球内の硝子体を除去した後に黄斑上膜を除去する、硝子体の手術しかありません。ただ、黄斑上膜ができたらすぐに手術が必要というわけではありません。手術は医師が時期を判断し、患者が希望したときにおこわれます。黄斑上膜により、視力低下・ゆがみ等の患者自身の自覚的症状が強くなったときに、症状が少しでもよくなるようにおこなうのが普通ですが、医師によっては早めの処置を進めることもあります。納得できるまでよく説明を聞くことが大切です。硝子体手術によって白内障が進行するので、白内障手術も一緒におこないます。

黄斑上膜の手術内容

黄斑上膜に対する硝子体手術では、局所麻酔をして白目に穴をあけ、眼内に器具を入れます。まず、眼球の中を占めている硝子体を専用の機器によって切除します。硝子体を除去したのちにピンセットのような器具で黄斑部の膜を慎重にはがします。術後はしばらく回復期間が必要です。網膜にできていたしわが元に戻ると視力が回復してきます。ゆるやかな回復ですので長期戦で構えましょう。

黄斑上膜をはがした後、網膜の状態を見て眼球内にガスを入れることもあります。その場合は終了後うつぶせの姿勢をとる必要があります。医師の指示に従いましょう。

医院によっては、手術傷口の大きさが従来の約半分(0.5mm)で、白目を切らずにおこなえる25ゲージ硝子体手術システムを使っているところもあります。目にやさしく、手術後の目のごろつきなどの異物感や不快感が大幅に減ります。回復も早くなりますので、実施している医院を探すのもおすすめです。

進行はゆるやかなので長期的に付き合う心構えが必要

視力が下がると、でかけることや本を読むことなど、人生の楽しみの部分がおっくうになってしまいます。黄斑上膜は、診断されたからといってすぐに手術が必要とは限りません。視力や視界の歪みの程度など、患者の自覚症状によって手術をするのか様子をみるのかといった治療方針を医師と相談することが大事です。失明の危険性はないにしても、だんだんと症状がでてきて進行します。加齢が一番の原因ですので、40~70代の方は少しでも「おかしいかな?」と思ったら放置せず、できるだけ早めに専門眼科を受診してください。

違和感がなくとも定期的にメディカルチェックを受けるのもおすすめです。病気の早期発見早期治療につながり健康寿命をのばすことにつながります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る