結膜炎とはどんな病気?症状の種類や特徴、解消法などを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

結膜炎は若い人から高齢者まで誰もが患らう可能性がある目の炎症のことです。アレルギーやウイルスなども原因となるため、今まで大丈夫だったという人でも、ふとしたきっかけで結膜炎を発生させてしまうこともあります。症状が発生すれば、目の異物感など非常に煩わしい上に放置していると症状を悪化させてしまいます。そのため、結膜炎かもしれないと感じたら、いち早く治療をする必要があります。しかし、基本的な知識がなければ判断ができません。今回は結膜炎について医科サプリ編集部がお届けします。

結膜炎ってどんな病気?

結膜炎とは簡単に言うと、白目とまぶたの裏にある結膜が赤く充血して炎症を起こす病気のことです。眼球とまぶたはピッタリと癒着しているわけではありません。ある程度のゆとりをもって接しているため、すき間が開きやすくなってしまいます。そこに、雑菌や外部のゴミが入ってしまうことで結膜炎が発生するのです。さらに結膜自体、まぶたを開いている間は外部と接してしまっている上に、刺激を受けやすく異物も溜まりやすいという特徴があります。それに加え、水分や温度、栄養などが豊富なため、細菌やウイルスが繁殖しやすくなってしまいます。そのため、非常に炎症が起きやすいです。これでわかるのは、誰でもちょっとしたきっかけで結膜炎になってしまうということです。そして、結膜炎にはいくつか種類があります。

・細菌性結膜炎
・ウイルス性結膜炎
・アレルギー性結膜炎

以上が主な結膜炎の種類だとされています。それぞれ先ほども説明したような症状が現れるのですが、種類によって症状の程度が変わってきます。今度は各種の結膜炎の症状や特徴を説明していきます。

細菌性結膜炎の症状や特徴

細菌性結膜炎は感染症結膜炎と分類されている病気です。基本的に乳児や子ども、高齢者や病気などで抵抗力が弱まっている人に発症しやすい結膜炎です。逆に健康で若い人だと抵抗力が強いため、結膜を細菌から守ってくれるため、細菌性結膜炎になる可能性が非常に低いです。

症状の特徴は粘り気があり黄色がかった「めやに」。寝起きなどではめやにが固まってしまい、目が開かないということも稀に起こります。その際は慌てず、お湯でゆっくりめやにを溶かしていけば、安全に解決させることができます。

細菌性結膜炎自体、症状は軽度とされており、日頃から寝不足や栄養不足に気をつけていれば十分予防できるので、安心してください。

ウイルス性結膜炎の症状や特徴

結膜炎の中でも特に症状が強くあらわれやすいのが、ウイルス性結膜炎です。原因となるウイルスはさまざまですが、どれも重症化しやすく非常に危険です。さらに、ウイルスが起因となっているため感染力も強く、放置していると家族への二次感染も十分ありえます。

その危険性は「学校安全保険法」によると、医師の了承が得られるまでは登校禁止の上、集団感染の可能性も考慮し、人混みへの外出を制限するほどです。まずは正しい知識を持って対処するのが先決となっています。

アレルギー性結膜炎の症状や特徴

主に花粉などにアレルギーがある場合、起こりうるのがアレルギー性結膜炎です。強いかゆみや目の充血、涙が出やすくなるなどの症状が特徴となっています。ウイルス性結膜炎とは違い、感染する心配はありませんので安心してください。

アレルギー性結膜炎の大きな特徴はまぶたの裏に1ミリ程度の乳頭というブツブツが発生することです。この特徴があれば、高確率でアレルギー性結膜炎ですので、病院に行くなど適切に対処しましょう。

各結膜炎が発生してしまう原因

結膜炎を発症してしまう原因はさまざまで、結膜炎の種類によっても違います。原因を知れば、何に気を付ければいいのか、ハッキリしてくるので対策しやすくなります。結膜炎は誰でもかかる病気ではあるのですが、しっかり予防をおこなえば十分防げるものです。原因を知り適切に対処していきましょう。

細菌性結膜炎の原因とは?

細菌性結膜炎が発生する原因は黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌の感染です。この2つの細菌は基本的に感染力が弱く、普通に生活していれば感染する心配はありません。しかし、何らかの形で体の免疫力が低下した時に感染してしまいます。細菌性結膜炎は体の免疫力が大きく関係しているため、食事や運動など体調管理を最低限しっかりとおこないましょう。

アレルギー性結膜炎の原因とは?

アレルギー性結膜炎は、主に花粉やハウスダストなど特定の物質が原因となっています。この物質が結膜に入ることで、アレルギー反応として結膜炎が発生してしまいます。予防するには、アレルゲンとなる物質を避けることが重要です。花粉だと避けるのは難しいかも知れませんが、ハウスダストなら換気などをしてなるべく避けていけば、アレルギー性結膜炎から自分を守ることが可能です。

ウイルス性結膜炎の原因とは?

ウイルス性結膜炎は細菌よりも小さいウイルスが原因となります。ウイルスが入るきっかけはプールの水を通してなどが挙げられます。基本的に夏場に感染しやすく、結膜炎の症状以外にも高熱を伴うこともあります。強い感染力があり予防するのも難しいため、夏場は少しでも結膜炎の症状が見えたら病院に駆けつけるのが得策です。適切に治療していけば1〜2週間程度で完治するので、早めの治療が肝心です。

結膜炎の治療方法

いくら原因を理解し、予防をおこなっていたとしても結膜炎が発生する可能性をゼロにするのは難しいものです。結膜炎を発症してしまった時の対処法を知っておくことは重要で、大きなメリットにもなります。今度は各結膜炎の治療法を紹介します。

細菌性結膜炎の治療法

細菌性結膜炎は症状が非常に軽いため、不用意に目をこすらなければ自然と回復していきます。ただ、すぐに回復させたい場合は、抗ヒスタミンが配合されている目薬がおすすめ。さらに、手を清潔に保ち、体調管理をおこなえば再発防止にも繋がり、細菌性結膜炎から自分を守ることができます。

アレルギー性結膜炎の治療法とは?

アレルギー性結膜炎は目に強いかゆみを感じさせます。このかゆみはヒスタミンという物質が関係しているため、抗ヒスタミンの目薬が治療におすすめです。もし強い症状があらわれた場合は病院などでステロイド点眼薬を処方してもらいましょう。ただ、これでも完全完治にはならずアレルギー物質が結膜に侵入すれば再発してしまいます。1番大切なのはアレルギーの原因になるべく近づかないことです。

ウイルス性結膜炎の治療法とは?

残念ながら、ウイルス性結膜炎に有効な点眼薬はありません。一応、弱った目に細菌などが入らないよう抗生物質などの点眼薬を使用しますが、ウイルス性結膜炎の治療には直接的につながっていません。ただ、ウイルス性結膜炎は、体の免疫力が完治に大きく関係しているため、なるべく安静にしてウイルスに対する抵抗力をつけるのが有効な治療法です。治るのに1〜3週間ほどの時間がかかるので辛抱強く待ちましょう。

結膜炎を知り適切な治療が必要

結膜炎に関する説明をまとめると、
・結膜炎とは結膜が何らかの原因で炎症を起こすこと
・結膜炎の種類によって症状や危険性、対処法が変わる
・原因となる物質は結膜炎の種類によって変わる
・治療には点眼薬や免疫を高めるための休養などが大事

となっています。結膜炎は軽度なものからウイルス性結膜炎など非常に重い症状のものなどさまざま。さらにウイルス性結膜炎は感染力も強いため、もし何も知らず外に出てしまえば、自分が感染源となってしまうこともあります。

そういった危険なども防ぐために、今回説明してきたことを踏まえて結膜炎を発症したら適切に対処することが大切です。早めに治療を行えば、大事にならない上に治療期間も短く済むので、少しでもおかしいと感じたら病院へ行きましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る