加齢黄斑変性とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

加齢性黄斑変性と病気を知っていますか?実は日本人の失明原因の第4位の病気です。

以前は日本では少ない病気でしたが、ライフスタイルや食生活の変化に伴い、近年増加傾向にあります。加齢性黄斑変性とはどのような病気なのか、どんな症状が起こるのか、どんな治療をするのかなど、加齢性黄斑変性について医科サプリ編集部がお届けします。

加齢黄斑変性の原因と種類

黄斑とは?

黄斑とは網膜の中心部に直径1.5mm〜2mm程度の部位の名称です。黄斑という名前の通り、キサントフィルという色素が豊富で、黄色い組織です。

網膜は物を見る際のフィルムのような役割をしています。瞳孔や硝子体を通った光は網膜に届き、網膜でその光を電気信号に変えて脳に信号を送ることにより、見るという動作が成り立っています。網膜が正常に機能していなければ、この見るという動作に支障が起こります。

特に網膜の中心にある黄斑はその役割も大きく、網膜の中でも重要な役割を果たしています。加齢性黄斑変性では、その名の通り加齢により、黄斑が上手く機能しなくなってしまう状態を言います。

加齢黄斑変性の原因

網膜は眼球後面の網膜色素上皮という壁に張り付いています。加齢に伴いこの網膜色素上皮に老廃物などがたまり、働きを悪くさせることにより、黄斑に負担がかかり障害を引き起こしてしまうのです。

また、この老廃物などが黄斑の働きを直接妨げることもあります。網膜色素上皮が血流障害や加齢などにより萎縮してしまい、黄斑に障害を与えてしまう場合もあります。

加齢黄斑の種類

加齢黄斑変性は萎縮型と滲出型の2種類に分けられます。

萎縮型は黄斑や網膜色素上皮などが加齢と共に萎縮してしまうもので、ゆっくりと進行します。滲出型は網膜色素上皮に新生血管という血管が出来ることにより起こります。新生血管は通常の血管より脆く出血しやすく、老廃物などが血管から漏れ出てしまい黄斑に悪影響を与えてしまいます。萎縮型と比べ進行が早いのも特徴です。

加齢黄斑変性の症状

ゆがみ

黄斑は見るという動作において、画像を映すフィルムの役割を果たしています。黄斑が変性してしまうと、正しく画像を写すことでできなくなり、ゆがんで映ってしまいます。特徴的なのは、視野の周囲は正常に見えているが、中心部分がゆがんで見えるということです。黄斑は網膜の中心部分にあり、そこが変性することにより、視野の中心部分にゆがみが生じてしまうのです。

中心暗転

ゆがんで見えるという症状と同様に、中心部分が暗く見えるという症状も起こります。場合によっては中心部分だけ視野がかけてしまうという症状を引き起こすこともあります。これも網膜の中心にある黄斑の機能に障害があるためにみられる症状です。

視力低下

黄斑は視力とも大きく関係しており、加齢黄斑変性では視力が低下します。ゆっくりと症状が進行する萎縮型では、視力の低下もゆっくり進行しますが、症状の進行が早い滲出型では、急激に視力が低下する危険性があります。治療しなければ、0.1以下まで視力が低下してしまうといわれています。

失明

日本人の失明原因の第4位が、加齢黄斑変性です。ゆがみや中心暗点、視力低下などの症状が進行すると、最終的には失明という状態になってしまいます。

加齢黄斑変性の治療

萎縮型加齢黄斑変性の治療

萎縮型加齢黄斑変性は、治療の必要はないとされています。加齢に伴う様々な器官の変性は普通のことであり、黄斑の変性も同様です。症状もゆっくり進行するため、一気に失明という状態にはなりません。

しかし注意しなければならないのは、滲出型に変化すると症状が一気に進んでしまうことです。日々の生活の中で急激に視力が低下した、視野がゆがむ、中心が暗いなどの症状があれば、滲出性に変化した可能性があります。医療機関を受診するようにしましょう。

滲出型加齢黄斑変性の治療

滲出型加齢黄斑変性は新生血管が原因となっているため、その働きを抑える治療をおこないます。新生血管の発生には血管内皮増殖因子と呼ばれるVEGFが関与していると考えられています。そこでVEGFの働きを抑える薬剤として、VEGF阻害薬が開発されました。VEGF阻害薬は新生血管の発生を抑えるだけでなく、血管を退縮させる働きがあります。このVEGF阻害薬を硝子体腔に直接注射して治療をおこないます。

4〜6週間の期間で2〜3回治療します。またVEGF阻害薬による治療と合わせて、レーザーにより新生血管を凝固させるレーザー凝固や光線力学的療法などがおこなわれます。これらの治療には専用の器具が必要となり、研修を終了した認定医がおこなわなければなりません。滲出型加齢黄斑変性の治療が可能な施設かどうかは、事前に確認をするようにしましょう。

また、症状の進行状態や、病状によっては手術による治療が必要となることもあります。

加齢黄斑変性の予防

加齢黄斑変性は日々の生活の中で、ほんの少し工夫することにより予防効果が期待できるとされています。

まず食事です。緑黄色野菜に含まれているルテインという物質の摂取が不足すると加齢黄斑変性を発症しやすいということが指摘されています。またビタミンC、E、βカロチン、亜鉛などの成分も目の健康を保つために必要であるといわれています。野菜不足に注意し、緑黄色野菜を積極的に摂取するようにしましょう。どうしても野菜からの摂取が難しい場合にはサプリメントを取り入れてみるのも良いでしょう。

また喫煙も加齢黄斑変性の発症をさせる要因であることが分かっています。加齢性黄斑を予防する目的だけなく、食生活の見直しや禁煙、サプリメントにより不足しがちな栄養成分の摂取は、健康的な生活を送るうえでも大切なことです。

症状があれば早期受診

加齢黄斑変性は、年齢に伴う病気ではありますが、滲出性加齢黄斑変性の場合には早期の治療が必要となります。視野がゆがむ、中心が暗い、または欠けている、急激に視力が低下したなどの症状があれば、速やかに医療機関を受診するようにしましょう。

滲出性加齢黄斑変性は放置していると、症状が進行し最終的には失明してしまう可能性がある恐ろしい病気です。ひとつでも当てはまる症状があるのであれば、様子をみるのではなく受診することをお勧めします。

定期検診などで、自分自身の目の状態をチェックしておくことも大切です。早期発見、早期治療が加齢黄斑変性の治療には重要で、早めに病気がわかれば治療の負担も軽く済みます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る