飛蚊症とはどんな病気?症状の特徴や危険性を紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

誰にでも起こりうる目の病気『飛蚊症(ひぶんしょう)』。飛蚊症という病気は、基本的に年齢が高ければ高いほど症状は重くなり、視界が悪くなってしまいます。ただ、中には20代でも飛蚊症の症状があらわれることもあるので油断は禁物です。飛蚊症の裏に別病気が隠れている場合もあり、ほっとくと失明に繋がる可能性もあります。十分注意して欲しいのですが、飛蚊症がどんな病気なのかわからなければ対策のしようがありません。今回は飛蚊症について医科サプリ編集部がお届けします。

飛蚊症ってどんな病気?

飛蚊症の特徴やメカニズム

飛蚊症といっても、あまり聞き慣れずどんな病気なのかピンとこない方もいるのではないでしょうか。簡単にいうと、視界にゴミや虫が飛んでいるかのように、黒い点などが見える症状のことを指します。

人の目には、内部を満たす硝子体と呼ばれる透明でゼリー状の液体が存在しています。普段は硝子体に光を通し、網膜に光を伝え景色として映し出すのですが、この硝子体が何らかの原因で変性や出血、炎症を起こすことによって濁りが生まれてしまいます。その濁りが網膜に届く光を遮ることにより、視界に黒い影を発生させるのです。

このようなメカニズムで飛蚊症が発生するので、影はどこを向いても付いてきます。さらに、視点を変えるにつれて動き回るように感じることから、まるで目の前を飛んでいる蚊のようなので飛蚊症という名前になりました。

飛蚊症の主な症状は?

飛蚊症の症状は主に、視界に黒い影が発生することです。影の形はひも状やリング状、薄い雲などさまざまです。さらに、白い壁や空を見た時にはっきりと現れるのも飛蚊症の特徴となっています。症状は加齢によって自然発生することがほとんどなので、高齢者に多く見られます。

ただ、割合は少ないですがまれに20代でも発生することもあります。目に起こる病気なので、「もしかしたら失明するかも」などと不安に感じてしまうかも知れませんが、飛蚊症自体は目の機能に大きく支障をきたすものではないため、失明の可能性も非常に低いです。飛蚊症になったとしても慌てる必要はなく、正しく治療をすれば治るので安心してください。

なぜ発症する?飛蚊症の原因

飛蚊症が起こる主な原因の種類

飛蚊症が起こる原因は大きく分けて3つです。

・生理的な原因
・生まれつきによるもの
・病的な原因

生理的な原因で飛蚊症になる場合

割合としては、生理的な原因による飛蚊症が多いとされています。生理的な原因がどんなものかというと、加齢によって起こることを指します。硝子体は若い時だと透明で濁りはないのですが、年齢を重ねるとともに硝子体の線維と水分が徐々に分離し空洞が発生します。さらに進むと、眼球の内壁から硝子体が離れてしまい、線維が眼球内を浮いている状態になります。その線維の影が飛蚊症になってしまうのです。

生まれつき飛蚊症が発生する場合

胎児の状態で眼球が作られている時、硝子体には血管が通っています。眼球が完成すると、この血管はなくなっていくのですが、その過程で血管が硝子体の中に残ってしまうことがあります。その血管の名残が影となってしまい、飛蚊症になってしまいます。ただ、このタイプの飛蚊症は、症状が進んでも大きな被害にならないので安心してください。

病的な原因で飛蚊症が発生する場合

稀に他の病気が原因となり飛蚊症となることがあります。原因となる病気の代表的なものは以下の通りです。

・網膜裂孔
・網膜剥離
・硝子体出血
・ぶどう膜炎

飛蚊症になった場合、これらの病気が原因となっていることがあります。飛蚊症は生理的な部分が原因となることが多いのですが、中には上記のように病的な原因も考えられます。病気を放置してしまえば最悪のケースだと失明もありえます。突然飛蚊症になったら取り返しがつかなくなる前に、早めに眼科を受診することをおすすめします。

飛蚊症+αの症状と秘めている病気

霧がかって見えた場合は硝子体の可能性あり

糖尿病や高血圧などによって、硝子体の外側にある血管から出血することがあります。その出血が硝子体にまで侵入すると、血液が光を遮ってしまい飛蚊症となることがあります。その特徴は霧がかったような見え方をすること。さらに、出血量が多ければ、墨が垂れてきたような見え方になります。最初は霧がかっていたのに、日増しに影が濃くなる場合は出血が続いているということになるので、早めに病受診してください。

飛蚊症+眩しく感じるなどがあればぶどう膜炎の可能性あり

必ずというわけではないのですが、ぶどう膜炎になると硝子体に濁りを生じさせ、飛蚊症になることがあります。ぶどう膜炎の場合、飛蚊症だけではなく光が一層まぶしく感じることも。それだけではなく、眼痛や霧視、充血、視力低下なども伴うことがあります。

ぶどう膜炎自体、非常に厄介な病気であり、治りが悪く数ヶ月から数年間は付き合っていかなければいけない病気です。少しでも早く治すため、飛蚊症だけではなく、先ほど挙げていった症状が見られた場合、すぐに眼科へ行きましょう。

ただ、飛蚊症以外の異変を感じないことも

硝子体出血やぶどう膜炎のように、他の症状が出ることもありますが、中には飛蚊症しか異変を感じない場合もあります。代表的なものは、網膜裂孔や網膜剥離が原因となっているパターンです。網膜の病気は徐々に視力を低下させ、症状が進むと最終的に失明に発展してしまう病気です。その病状が進む過程で飛蚊症になってしまうことがあります。

ただ、網膜には痛点がなく病気が進んでも痛みなどの異変を感じることがないので、進行がわかりづらい上に生理的な原因で飛蚊症が発生していると勘違いしやすいです。このように非常に危険性が高いのに気が付きにくいため、飛蚊症が発生した時点で、最悪のケースを考え眼科で診てもらいましょう。

飛蚊症を知り適切な処置が必要

飛蚊症について、ここまで説明してきたことをまとめると、

・飛蚊症は視界に黒い影ができる症状のこと
・生理的な原因の場合が多く、正しく治療すれば治る
・ただ、中には重い病気が潜んでいることもある
・ほうっておくと失明することもあるので、眼科には必ず行く

となっています。飛蚊症は健康な人でもふとしたきっかけで起こりうる病気です。基本的に加齢など生理的なものが原因なので、大事になることは少ないです。しかし、中には網膜剥離など失明につながる病気が潜んでいる可能性もあります。「あれ、なんだか視界に黒い影がある」と感じたら、見過ごすのではなく、いち早く眼科へ行き適切な治療をすることを勧めます。飛蚊症は治療できる症状なので、良好な視界を守るためにも適切な対応をしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る