ドライアイとは?症状や治療法を学び適切に対処しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

現在ドライアイを患わっている患者さんの数は増加しており、2,200万人はいるとも言われています。日本人の約20%はかかる病気であり、今は大丈夫でも誰でもドライアイになる可能性があります。誰でもかかるとされる病気ですがしっかりとドライアイのことを知り、適切に対処していけば十分に治る病気です。さらに、対策をおこなうことでドライアイを患う可能性も下げることができます。今回はドライアイについて医科サプリ編集部がお届けします。

ドライアイってどんな病気

ドライアイは涙の分泌に異常が生じ、目が乾きやすくなる病気のことです。主な異常は、涙の分泌量の不足や、涙自体の質のバランスが崩れることです。涙は目の表面を多い、雑菌や外の乾燥などから目を守るバリアとしての役割があります。その涙に異常が起こることで目の表面に傷を作ってしまい、ドライアイとなるのです。ドライアイには大きく分けて2種類あります。

・涙液分泌型
・涙液蒸発過多型

まず『涙液分泌型』は、涙の量が減ったことによるドライアイです。涙液分泌型によるドライアイは自己免疫疾患の基礎となってしまう症状でもあります。ただ、病的な理由がなくストレスや環境因子によって発症することのあるドライアイなのが特徴です。

『涙液蒸発過多型』はまばたきの異常などによって涙が乾燥してしまうドライアイです。主にパソコンなどによってまばたきが少なくなり発症することが多い病気です。さらに、このドライアイが重症な場合、過剰なアレルギー反応によって発症する、スティーブン・ジョンソン症候群という病気が潜んでいる可能性もあります。

ドライアイの症状とは?

ドライアイには他の病気が潜んでいる可能性もあります。そのため、早めの治療が大事なのですが、症状を知らなければドライアイなのかどうかわかりません。ドライアイの大まかな症状は以下の通りです。

・目が乾いた感じがする
・ものが霞んで見える
・目がゴロゴロする
・目が疲れる

上記の中でも特に多いのが、『目が疲れる』という症状です。ドライアイの症状を訴える人の60%が目に疲れを感じている人が多いといわれています。目の疲れをよく感じるという人はドライアイを疑った方がいいでしょう。さらに、その他の症状もでていないか注意深く観察し、早めに病院で診てもらうのがおすすめです。

ドライアイかも!?見分けるポイントを紹介

もしかしたらドライアイかもしれないと思っていても、確信が持てなければ病院に行くのをためらってしまう方もいます。そこで、ドライアイを見分けるポイントを紹介します。

・目が疲れやすい
・目やにが出る
・目がゴロゴロする
・目が重たい感じがする
・目が乾く
・目に不快感がある
・目が痛い
・涙がよく出る
・視界が霞んで見える
・目がかゆい
・光が眩しく感じる
・目が充血する

これらの症状の中で半分当てはまっていれば、ドライアイの可能性が非常に高いです。どれも涙に異常が発生し、目が乾燥しやすくなったことで起こる症状なので、当てはまることが多ければ、早めに病院に行き適切な治療を行いましょう。

どんな人がドライアイになりやすい?

上記の症状に加えて、以下のことをしている方は特にドライアイになる可能性が高いです。

・コンタクトをしている
・パソコンを長時間使っている
・エアコンを長時間使う
・花粉症の方
・運転をよくする方
・高齢者

コンタクトレンズは目を乾燥させるため、目の充血やゴロゴロする感覚が起こりやすくなります。パソコンを長時間使っている場合や運転をよくしている方は、集中してしまうため瞬きが少なくなってしまい、涙液蒸発過多型のドライアイになりやすくなります。

エアコンを長時間使っている場合は、空気が乾燥してしまい目の乾燥を招き、ドライアイを患う可能性が非常に高いです。そして、花粉症や高齢者場合は、涙の分泌量に異常が発生してしまいドライアイの可能性が高まるのです。

目の症状に加えて、これらの行為を日頃からおこなっている方はドライアイを疑った方がいいでしょう。

ドライアイの治療法

ドライアイをずっと放置していると、症状が悪化し合併症を引き起こしてしまうかも知れません。さらに、常に目に不調を抱えているのは煩わしいです。ドライアイは治療できる病気です。少しでもドライアイかもしれないと感じたら、早めに眼科へ行き治療してもらいましょう。ドライアイの主な治療法は以下の通りです。

・涙点プラグ
・自己血清点眼
・眼軟膏

この3つがドライアイの治療法です。どういった治療法なのかを説明していきます。

涙点プラグとはどんな治療法?

『涙点プラグ』とは、シリコン製のプラグを涙点に挿入し、涙の排出を軽減させる治療法です。基本的に目の表面の傷が改善しない時の治療法としておこなわれます。人口涙液とは違い、自分の涙で目を潤おすことができるため、非常に効果の高い治療法です。さらに、涙液プラグによって涙の量を適量に保てるため、コンタクトの装着による負担を軽減することができるのも魅力の1つです。

涙点プラグは外来でおこなわれるのですが、処置が非常に簡単で5分程度で完了します。痛みもなく、外来ですぐに外すこともでき、料金も両目全ての涙点にプラグを入れても約1万円ほどです。もし、ドライアイで悩んでいるのならおすすめの治療法です。

自己血清点眼はどんな治療法なのか?

ドライアイの症状によっては涙液点眼でも改善しない場合があります。そういった場合に用意される治療法が自己血清点眼です。自分の血清成分を使い、点眼液として使用するため涙と同じ成分なのが特徴です。

目の傷が慢性化してしまった重度のドライアイだと、角膜に供給される栄養分が低下してしまいます。それを補うために涙の成分にかなり近い自己血清点眼を使うことで、重度のドライアイでも効果があります。重度の場合は、自己血清点眼で治療しましょう。

眼軟膏とはどんな治療?

眼軟膏は朝、目が乾燥して明けられないという方向けの治療法です。夜に眼軟膏をつけることで目の乾燥を防ぎ、ドライアイの症状を改善するのに有効とされています。ドライアイの中でも、乾燥しやすい場合はおすすめできる治療法です。

ドライアイにならないための対策

せっかくドライアイを治療しても、再発してしまえば意味がありません。そのため、治療だけではなく再発防止の対策も必要です。対策法は以下の通りです。

・パソコンの位置を目の下にする
・エアコンなどの風を直接受けない
・加湿を心がける
・コンタクトレンズは正しく使う
・保湿用メガネを使う

どれも目を極度に乾燥させないことを重視した対策となっています。まばたきの減少や湿度の低下があれば、目が乾燥しやすくなり、またドライアイが再発してしまいます。常に目が乾かないような環境づくりをしていけば十分対策していけるので、ドライアイの再発防止のために実践しましょう。

ドライアイを知り適切に治療!

ドライアイに関して説明してきたことをまとめると、
・ドライアイは涙の異常によって起こる病気
・症状は目の疲れやかすみ、目の中がゴロゴロとするなど
・目が乾燥しやすい状況だとドライアイになりやすい
・治療法は涙点プラグや自己血清点眼などが有効

となっています。ドライアイは日本人の約20%が抱えている病です。さらにスマートフォンなどが当たり前になりまばたきの減少によって、ドライアイ患者は増え続けています。今は患わっていなくても今後ドライアイになることも十分ありえます。

そういった場合に備え、今回紹介したことを参考に適切にドライアイを治療していきましょう。そして、日頃から対策もおこない、ドライアイにならない努力もしていければ完璧です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る