糖尿病網膜症の手術はどのように行われるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

糖尿病が原因で起こる目の網膜の病気である糖尿病網膜症は、進行段階によって治療方法が違います。初期症状では血糖値をコントロールする方法がとられますが、中期ではレーザー光凝固術という手術が、末期では硝子体手術という手術がとられます。

この記事ではそれぞれの手術行なう目安となる症状と手術の検査や方法を医科サプリ編集部がお届けします。

糖尿病網膜症の段階別症状

糖尿病網膜症の初期段階

糖尿病網膜症の初期段階を単純糖尿病網膜症といいます。単純糖尿病網膜症は、かゆみや痛みといったすぐにわかるような自覚症状はありません。ただし網膜の毛細血管に障害が出始めます。毛細血管の一部が隆起してこぶのようなものができる毛細血管瘤ができることがあるのです。

さらに、網膜の毛細血管の壁から血液が染み出し、点のように出血する点状出血や、染み出た血が広がりシミのようになる斑状出血が起こります。また、血液中の血漿の成分が染み出て広がる症状が起りますが、硬性白斑と呼ばれています。

単純糖尿病網膜症の基本的な治療法は血糖値のコントロールです。血糖値をコントロールすることで網膜の症状が安定することが多いです。網膜循環改善薬を服用して進行を防ぐこともあるでしょう。

糖尿病網膜症の中期段階

糖尿病網膜症の中期段階を前増殖糖尿病網膜症といいます。糖尿病網膜症の初期段階では、網膜の毛細血管が詰まる症状が起き、網膜の一部に血液が運ばれない虚血が生じます。その状態を放置すると、中期段階に入るのです。

中期段階になると目のかすみ、視力の低下などの自覚症状を感じ始めます。網膜の状態としては、血液が滞る部分の細胞が変化して見える軟性白斑が起こります。さらに、別の症状としては網膜の血流が完全に滞ってしまう血管閉塞や静脈が膨れる静脈異常があります。また、血液の成分が網膜内に溜まることで網膜が腫れる黄斑浮腫という状態になることもあります。

糖尿病網膜症の中期段階の治療法としては、レーザー光凝固術という手術が一般的です。黄斑浮腫に対してはレーザー光凝固術の他、硝子体手術を行ないます。

糖尿病網膜症の末期段階

糖尿病網膜症の末期の段階は、増殖糖尿病網膜症といいます。増殖糖尿病網膜症は、網膜の虚血部分に血液を運ぶために新しい血管が作られるのです。これを新生血管といいます。新生血管の発生で網膜の働きが改善するような気がしますが、新生血管は非常にもろく出血しやすいものです。

新生血管が出血することで、網膜や眼球の硝子体内に血液が広がり、その染み出た血液の成分が刺激となって増殖膜という薄い膜状のものができます。増殖膜は網膜を引っ張り、網膜剥離を発生させることもあります。また、飛蚊症というものを見る時に黒い点が見える症状が出ることもあるでしょう。

糖尿病網膜症で行なわれる検査

精密眼底検査

眼科の検査では眼底検査が行なわれます。これは眼の仕組みを利用したものです。わたしたちの眼は内部が透き通っています。そのため瞳孔から入った光は眼球の奥まで届くのです。この仕組みを利用して光をあてる眼底検査が行なわれています。

精密眼底検査の場合は、散瞳薬という瞳孔を広げる点眼薬を指してから行うことでより目の中に光を入れて詳しく調べることができます。

精密眼底検査は糖尿病網膜症の初期段階では2~6ヶ月に1回、中期の段階で1~2ヶ月に1回、末期の段階で2週間~1ヶ月に1回行なわれます。散瞳薬が効いている間は、光を見るとまぶしさを感じます。車を運転して通院するのは危険ですので止めましょう。

蛍光眼底撮影

蛍光眼底撮影は網膜の虚血部分や血管がもろくなっている部分を見分けるために行われます。症状の段階にかかわらず治療法を決定する前に必要に応じて行われます。網膜の静脈に造影剤を注射することで網膜の血管の異常部分をはっきりと見分けられるのです。

超音波検査

超音波検査が行なわれることもあります。糖尿病網膜症の初期や中期で行われることは通常ありません。しかし末期の段階で硝子体出血が起きていると、精密眼底検査をしても眼底まで見ることができないためこの検査が行なわれます。硝子体出血が起きている時にも網膜剥離の有無を確認することができます。

糖尿病網膜症の手術方法

レーザー光凝固術

糖尿病網膜症の中期でよく用いられる手術です。網膜の虚血部分にレーザー光をあてて、その熱で凝固させてしまうのです。この手術を行うことで虚血部分が必要とする酸素量は減り、新生血管が発生するのを未然に防ぐことができます。

あるいは新生血管がすでにできている場合は新生血管ごと凝固させてしまいます。レーザー光凝固術は受ける時期が早いほど成功率が高く、早期の場合の成功率は80%です。時期が遅くなると50~60%まで成功率が下がります。

1回の手術で行なえる凝固は数十から数百か所で、何回か通院を繰り返して必要な場合は千か所以上凝固させます。1回の手術時間は15~30分ほどで、痛みはほとんどありません。

しかしレーザー光凝固術は、視力回復のための手段ではなく視力を維持するためのものです。レーザー光凝固術を行うことで視力が低下することもありますが、失明の危険を未然に防ぐために積極的に行われています。

また、糖尿病網膜症が進行し硝子体手術が必要になった場合はレーザー光凝固術を行なっているかどうかで手術の成功率が変わってきます。

硝子体手術

レーザー光凝固術が視力の維持のための手術であるなら、硝子体手術は視力を回復するために行う手術です。糖尿病網膜症の末期になると、硝子体出血や網膜剥離が起き、視力が低下します。硝子体手術はその低下した視力を回復することが目的です。また、視力にとって大切な部分である黄斑を守るためにも行われることもあります。

硝子体手術は硝子体内の出血した血や増殖膜を切除あるいは吸引します。その後、人工の眼内灌流液に置き換えて内部を透明にして行なわれます。その他、出血部分を凝固させたり、網膜剥離が起っているなら網膜を元の位置に戻したりもします。

これらを手術用の顕微鏡を見ながら照明ファイバーや硝子体吸引器具を使って行います。硝子体手術の回復具合ですが、糖尿病網膜症の末期まで進んでいると劇的に視力が良くなることはありません。手術をしても視力が0.1以下ということもあるでしょう。しかし放っておくと失明する危険がありますので積極的に行われています。

ただしなるべく早めに手術を受けることで手術の成功率はアップします。やはり糖尿病網膜症は早期の対応がカギだといえます。糖尿病と診断されたら、眼科の受診も忘れずに行いましょう。

糖尿病網膜症の手術は早めに行なう事が成功のカギ

糖尿病網膜症の手術に関して解説いたしました。糖尿病網膜症は中期や末期では手術が行われます。中期ではレーザー光凝固術が、末期では硝子体手術が行われます。

検査は精密眼底検査や蛍光眼底撮影、末期の段階では必要によって超音波検査が行われるでしょう。検査自体は治療方針を決めるためのものですので、何の心配も必要ありません。

レーザー光凝固術は主に糖尿病網膜症が末期症状になるのを未然に防ぐ目的で行われます。硝子体手術は失明の危険を回避するために行われます。どちらも眼科の医師に早く処置してもらうことで成功率が変わってきます。糖尿病と診断されたなら、眼科の受診を早めに行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る