糖尿病網膜症とは?失明の危険もある病気の症状や治療法を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

糖尿病網膜症とは、糖尿病が原因となって目の網膜に障害が起きる病気です。網膜は光を刺激として受け取り脳の視神経に伝達します。この網膜に障害が起きると最悪の場合、失明に至ります。実際、糖尿病網膜症は中途失明原因として1位に位置しているのです。

糖尿病網膜症は、糖尿病神経症、糖尿病腎症と並び、糖尿病の三大合併症です。糖尿病と診断された場合は高確率で発症する可能性があります。しかも初期の段階では自覚症状があまりないので知らず知らずのうちに進行していく危険性があります。

この記事では糖尿病網膜症の症状・原因・治療法を医科サプリ編集部がお届けします。

糖尿病網膜症の症状

糖尿病網膜症の初期

糖尿病網膜症は、病気の進行とともに症状が変化します。初期の段階は単純糖尿病網膜症と呼ばれます。かゆみや痛み、見え方に影響するような自覚症状はありません。しかし目の血管を見ると、小さな出血や血管瘤と呼ばれる血管が盛り上がった部分が見られるでしょう。また網膜にシミができることもあります。この段階で気づけると良いですが、気づかないことも多いです。

糖尿病網膜症の中期

糖尿病網膜症がもう少し進行し中期の段階になると、前増殖糖尿病網膜症と呼ばれます。この段階になると目がかすむ症状が現れます。これは目の血管に血液がつまることが原因です。目のかすみを疲れ目と混同して放置してしまう可能性もありますので、こうした知識が大切になってきます。

糖尿病網膜症の末期

糖尿病網膜症も末期になると、増殖糖尿病網膜症と呼ばれ、視力の低下など明らかな自覚症状が現れます。さらに、飛蚊症が起ることもあるでしょう。

飛蚊症は物を見ている時に蚊のような黒い点が飛んで見える症状です。黒い点の見え方はそれぞれで、量が急に増えたり、見える範囲が広がったりします。暗い場所に行くと稲妻のような光が見えることもあります。

糖尿病網膜症の末期では、網膜剥離や緑内障を併発することがあることも覚えておきたい点です。網膜剥離は網膜が剥がれてしまい視力が低下する病気、緑内障は視野が狭くなる病気です。どちらの病気を併発しても最悪の場合失明します。末期の段階では治療も難しく手術しても回復しないケースもあります。

そのため初期の段階で対処することが大切です。特に若い方が糖尿病網膜症になった場合は進行が速いです。早期に病気を発見し治療できるようにするためこのような知識は大切です。

糖尿病網膜症の原因

糖尿病網膜症の大本は糖尿病

糖尿病は、血液に含まれるブドウ糖濃度が高い状態が続く病気です。健康な人は、食事をすると膵臓からインスリンが分泌され、血液中のブドウ糖はエネルギーに変えられます。しかし糖尿病になるとインスリンの分泌量が減り、ブドウ糖をうまく分解できなくなるのです。

糖尿病になると、喉が異常に渇いたり、多尿になったりします。しかし糖尿病も初期の段階は自覚症状を感じる方が少ない病気ですので、見過ごしてしまう危険があります。

糖尿病には2種類あり、膵臓からインスリンが全く分泌されず、インスリン注射が必要なものは1型糖尿病です。膵臓からインスリンがある程度分泌される糖尿病は2型糖尿病と呼ばれています。

糖尿病と糖尿病網膜症の関係

糖尿病にかかると、血液中のブドウ糖がエネルギーに変換されなくなります。そうなると、血液中にブドウ糖が多い状態が続くことになるのです。ブドウ糖は血管に障害を与えるようになります。

目の網膜は細い毛細血管がびっしりと張っています。ですから他の器官以上に影響を受けやすいのです。毛細血管がブドウ糖の影響を受けると、血管がつまることや血管が破れて出血することにつながります。

網膜の血管がつまったり出血したりすると、今度は新しい血管が作られます。この血管を新生血管といいます。しかし新生血管は弱く、成分がもれたり出血したりします。この時、網膜は正常に機能できず、目がかすむ、視力が低下するなどの症状が現れます。

糖尿病網膜症の治療方法

糖尿病網膜症の初期

糖尿病網膜症は、残念ながら根治できない病気です。治療は、段階に応じて症状がさらに悪化しないたように行なうものです。糖尿病網膜症の初期の段階では、糖尿病と同じように血液中のブドウ糖をコントロールする治療がなされます。

血糖値が改善されれば、初期の症状として見られる網膜の出血や血管瘤、シミが改善することもあります。また、網膜循環改善薬を服用して進行を防ぐ方法がとられることもあるでしょう。

糖尿病網膜症の中期

糖尿病網膜症の中期ではレーザー光凝固術という治療が用いられることが多いです。レーザー光凝固術は、網膜にレーザーをあてて、新生血管ができるのを防ぐ方法です。新生血管を作らせないことで網膜の毛細血管の出血を防ぎ、目のかすみを改善し、視力の低下を防ぐのです。また、レーザー光凝固術では網膜の出血やシミも治療できます。

通常は外来通院を繰り返して治療を行ないます。1回の治療時間は15分~30分で、点眼麻酔をして行なわれるでしょう。痛みはほとんどありません。

糖尿病網膜症の末期

糖尿病網膜症の末期では硝子体手術が行なわれています。眼球に3つの穴をあけて、器具を挿入して行なう手術で、眼科の手術の中でも高度なレベルのものです。

まず、眼球内の圧力を保つために灌流液を注入します。眼内は照明ファイバーで照らしながら手術を行ないます。そして、吸引カッターで硝子体内の剥がれた網膜を元の位置に戻したり、出血した血を吸い取ったりして糖尿病網膜症のこれ以上の進行を止めるのです。

硝子体手術を行なっても劇的に視力が回復するわけではありません。ただし末期症状を放っておくと失明の危険性が高まりますので今日では積極的に硝子体手術が行なわれています。

糖尿病網膜症は早期発見が大切!

糖尿病網膜症は進行の程度により症状が変わってきます。初期の段階では、痛みやかゆみ、見え方に影響する自覚症状がありません。症状は網膜の血管瘤や出血、シミなどです。中期になると、視力の低下や目がかすむなどの症状が現われます。

末期になると、飛蚊症を発症することもあります。さらに、網膜剥離や緑内障を併発すると失明の危険性が高まるでしょう。

糖尿病網膜症の原因は糖尿病で血液中のブドウ糖が網膜の毛細血管を傷つけてしまうことです。新しい血管が再生されても弱く、出血してしまい網膜の機能が低下して起こります。

治療法は、初期は血糖値のコントロール、中期はレーザー光凝固術、末期は硝子体手術です。初期のうちに発見できれば手術せずに糖尿病網膜症の進行を遅らせることができます。糖尿病と診断された場合は眼科も受診しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る