網膜剥離の治療方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

網膜剥離は視力低下や視野狭窄などの症状だけでなく、さらに進行すると失明の危険がある病気です。網膜とは非常に薄く繊細な組織で、病状によって治療法も選択されます。残念ながら治療をしても、視力の回復が難しい場合や、失明を避けられない場合もあるのです。網膜剥離の治療法にはどのようなものがあるのか、また症状により治療法がどのように選ばれるかなど、医科サプリ編集部がお届けします。

網膜剥離の治療法の選択基準

網膜剥離の治療法の違い

網膜剥離の治療法は、病状の進行状況や種類によってことなります。剥がれてしまった網膜を正常の状態に戻すことが、治療の目的になりますが、剥がれてしまう原因によって、網膜剥離の種類が分けられ、治療法も違うというわけです。

網膜はとても薄い繊細な器官ですが、正常な状態では剥離することはありません。網膜剥離で一番多いのは、裂孔原性網膜剥離(れっこうげんせいもうまくはくり)です。眼球の中には硝子体(しょうしたい)という部分があり、この硝子体は目のレンズの役割をしています。網膜はその硝子体の奥に存在する器官で、硝子体で映した画像を映し出すフィルムのような役割をしています。硝子体に異常が発生すると、網膜が引っ張られて破れてしまい、これが裂孔と呼ばれます。硝子体と網膜が癒着している場合には、裂孔がより生じやすくなります。

硝子体の異常としては、加齢による変性が考えられます。硝子体の萎縮や、硝子体内に水分がたまる液化硝子体などが網膜に裂孔を起こす原因と言われています。網膜の裂孔を引き起こす他の原因としては、顔面や眼球に直接的に強い衝撃を受けることがあげられます。このような外傷性の物を、外傷性網膜剥離といい、裂孔原性網膜剥離のひとつと考えられています。裂孔ができるということは、その裂孔部分から網膜が浮き上がってしまう可能性が高くなるということです。網膜剥離の多くの場合は、この裂孔部分から次第に網膜が剥がれてしまうのです。裂孔ができると飛蚊症(ひぶんしょう)などの症状が出現します。網膜剥離の初期症状として、飛蚊症は注意しなければならない症状です。

このような網膜の裂孔は部位や程度にもよりますが、レーザーを使用した網膜光凝固術(もうまくひかりぎょうこじゅつ)で治療できます。裂孔が進行し、網膜が剥がれ始めると、視野狭窄や視野欠損、視力低下などの症状が出現し、この時には剥がれた網膜を元の位置に戻す、手術療法が必要となります。

裂孔原性網膜剥離の他には、糖尿病や眼内に増殖膜ができることにより発症する牽引性網膜剥離(けんいんせいもうまくはくり)、ぶどう膜炎や網膜内に浸出液が発生して発症する、滲出性網膜剥離などがあります。牽引性網膜剥離、滲出性網膜剥離では手術での治療が必要となります。

必ずしも失われた機能が回復するというものでもない

網膜剥離は症状に気がつくまで時間がかかる病気です。そのため視野狭窄や視力低下などの症状が出現した段階では、ある程度症状が進行してしまっていると考えてよいでしょう。網膜剥離の状態に合わせて、治療法は選択されますが、治療を行っても発症前の状態に必ず回復するとは限りません。

網膜は非常に繊細な器官です。ダメージを受けた網膜は完全に再生するということが難しいのです。失われた機能を少しでも回復するためにも、早期発見、早期治療が必要となります。網膜剥離を心配するのであれば、早期の医療機関受診をお勧めします。

実際におこなわれる網膜剥離の治療法

網膜光凝固術

網膜に裂孔はあるが、剥がれていない網膜裂孔の状態では、裂孔部分を補正する網膜光凝固術がおこなわれます。網膜光凝固術は角膜からレーザーを照射して裂孔部分を凝固する治療です。裂孔部分を凝固することにより、網膜が剥がれてしまうのを防ぐのです。また網膜光凝固術は、網膜の血流や血行を改善する効果も期待できるため、網膜剥離以外の治療でもおこなわれます。網膜裂孔に対しての網膜光凝固術では、効果が出るまで治療後約1週間程度の期間が必要です。この間の激しい運動は控えるようにしましょう。

また網膜の状態をしっかりと検査し、網膜光凝固術の適応となるかどうかを判断することが大切です。網膜が剥がれてしまっている場合や、裂孔している場所によっては治療適応外となり、手術療法による治療が必要となります。レーザーを使用して網膜を凝固する方法以外にも、網膜を冷凍凝固する治療もあります。

手術療法

網膜光凝固術による治療が難しい場合には、手術療法による治療が必要となります。手術療法では、網膜復位術(強膜バックル法)、硝子体手術などの手術がおこなわれます。どの手術が選択されるかは、網膜剥離の病状、剥離部位、剥離原因などにより判断します。網膜腹囲術網膜復位術(強膜バックル法)は眼球の外側から剥離している部分にシリコンスポンジなどを縫いつけて網膜の引っ張りを改善し、網膜を元の部分に戻します。そして正しい位置に網膜が戻れば、剥離部分に熱凝固、冷凍凝固を行い網膜を貼り付ける手術です。網膜復位術(強膜バックル法)は、基本的に眼球の外側から実施する手術です。硝子体手術は、眼球に器具を入れて実施する眼球内部の手術です。網膜を引っ張っている組織を直接取り除き、網膜を通常の状態に戻し、押し付けて再度接着させるために、眼内に特殊なガスやオイルなどを入れます。手術後はうつ伏せでの安静が必要となります。

実際におこなわれる網膜剥離の治療法

網膜光凝固術

網膜に裂孔はあるが、剥がれていない網膜裂孔の状態では、裂孔部分を補正する網膜光凝固術がおこなわれます。網膜光凝固術は角膜からレーザーを照射して裂孔部分を凝固する治療です。裂孔部分を凝固することにより、網膜が剥がれてしまうのを防ぐのです。

また網膜光凝固術は、網膜の血流や血行を改善する効果も期待できるため、網膜剥離以外の治療でもおこなわれます。網膜裂孔に対しての網膜光凝固術では、効果が出るまで治療後約1週間程度の期間が必要です。この間の激しい運動は控えるようにしましょう。網膜の状態をしっかりと検査し、網膜光凝固術の適応となるかどうかを判断することが大切です。網膜が剥がれてしまっている場合や、裂孔している場所によっては治療適応外となり、手術療法による治療が必要となります。その他、レーザーを使用して網膜を凝固する方法以外に網膜を冷凍凝固する治療もあります。

手術療法

網膜光凝固術による治療が難しい場合には、手術療法による治療が必要となります。手術療法では、網膜復位術(強膜バックル法)、硝子体手術などの手術がおこなわれます。どの手術が選択されるかは、網膜剥離の病状、剥離部位、剥離原因などにより判断します。網膜腹囲術網膜復位術(強膜バックル法)は眼球の外側から剥離している部分にシリコンスポンジなどを縫いつけて網膜の引っ張りを改善し、網膜を元の部分に戻します。そして正しい位置に網膜が戻れば、剥離部分に熱凝固、冷凍凝固を行い網膜を貼り付ける手術です。網膜復位術(強膜バックル法)は、基本的に眼球の外側から実施する手術です。硝子体手術は、眼球に器具を入れて実施する眼球内部の手術です。網膜を引っ張っている組織を直接取り除き、網膜を通常の状態に戻し、押し付けて再度接着させるために、眼内に特殊なガスやオイルなどを入れます。手術後はうつ伏せでの安静が必要となります。

早期発見と早期治療が重要

網膜剥離は、病状により治療法がことなります。また早期の段階では症状が出現しにくく、発見が遅れてしまう可能性が高い病気でもあります。そのため、症状が進行してから発見されてしまうと、治療後も十分に機能が改善しない場合も少なくありません。治療や手術を受ければ必ず失われた視野や視力を取り戻せるという訳ではないのです。

しかし、早期発見、早期治療ができれば、機能回復の可能性は高くなります。網膜剥離とはどのような病気なのかという正しい知識をもち、網膜剥離では?と思うのであれば早期に医療機関を受診するようにしましょう。特に飛蚊症などの網膜剥離の初期症状と言われる症状が継続すれば、医療機関受診を検討しましょう。

また受診する際には、網膜剥離の検査、治療が可能であるかということを事前に確認して受診するようにしましょう。診断や治療には専門的な技術が必要となります。治療実績や、専門医が在籍しているかどうかを確認してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る