なぜ眼圧が上がるの?緑内障が起こる原因とメカニズムとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

成人の失明原因として最も多い緑内障。緑内障という言葉はよく聞くものの、どんな原因で起こってしまうのか知らないという人も多いのではないでしょうか。一般的には眼圧が上がることで起こりますが、眼圧が正常で起こる緑内障もあります。眼圧が上がる原因もいくつかあり、その原因によって、急激な眼圧上昇により激しい症状を起こすタイプもあれば、ほとんど症状が出ないまま徐々に進行するタイプもあります。

原因を知っておくことで、早期発見につながる可能性もあります。40歳以上の5%、70歳以上の10%が罹患していると言われている緑内障。緑内障の原因について、医科サプリ編集部がお届けします。

緑内障の原因は眼圧上昇に伴う視神経の障害

眼房水の過剰による眼圧上昇で視神経が圧迫される

眼房水の排泄の異常で眼圧が上昇

眼圧の上昇は、眼房水の排泄の異常によって起こります。眼房水は、眼の中の毛様体(もうようたい)という部位で産生され、隅角(ぐうかく)から排泄されています。正常では、この産生と排泄のバランスが取られているため、眼圧は正常に保たれています。緑内障では、以下に説明するような原因によって、隅角からの眼房水の排泄がうまくいかなくなってしまい、眼房水が溜まりすぎてしまうため眼圧が上がります。

緑内障の2つのタイプ

開放隅角緑内障

中年以降に多く出るタイプの緑内障で、眼房水の出口である隅角は開いているのに、繊維柱体と呼ばれる排水路が目詰まりを起こしてしまうことで起こる緑内障です。一般的には徐々に進行することが多く、眼精疲労や老眼と勘違いしてしまうことも多いタイプの緑内障です。なぜ目詰まりをしてしまうのかについては、原因がはっきりしないことも多いようです。

眼圧が正常でも視力に問題が起こる「正常眼圧緑内障」も開放隅角緑内障に分類されます。正常眼圧緑内障では、眼圧が正常にもかかわらず、視神経の老化などによって正常な眼圧にも耐えられなくなってしまうため、視力に異常が出てきてしまいます。40歳以降の人に多いと言われており、現在では緑内障の実に70%が正常眼圧緑内障だと言われています。正常眼圧緑内障の患者さんでは、正常な眼圧より30%程度眼圧を下げることで、視覚の異常など症状の進行を抑制できると言われています。

閉塞隅角緑内障

眼房水の出口である隅角が狭くなったり、閉塞したりすることで起こる緑内障です。もともと眼がいい遠視気味の人は眼球の幅(眼軸)が細い人が多く、そういった人に発生しやすいタイプの緑内障です。年を取るとともに隅角が存在する前眼房が浅くなってきて、最終的に隅角が閉塞してして緑内障が発生します。

閉塞隅角緑内障には、その症状の経過によって急性と慢性の2つのタイプがあります。急性閉塞隅角緑内障は、突然眼圧が正常の数倍以上になり、激しい頭痛や吐き気などの症状が出ます。これら急性閉塞隅角緑内障の症状を「緑内障発作」と呼びますが、緑内障発作が起きてしまった場合には、失明を避けるためにはできるだけ早い処置が必要になります。

一方、慢性型の閉塞隅角緑内障では、緑内障発作を起こさず徐々に眼圧が上がってきます。慢性型の患者さんでは自覚症状がほとんどなく、病気が進行されてから初めて気づかれることも多いため、40歳以降の人は、数年に一度の眼科検診が必要だと言われています。

緑内障のリスク要因

原発性緑内障

原発性緑内障は、何か持病を持っているなど特別な要因がないにもかかわらず起こってくる緑内障です。一般的に高齢になればなるほど、原発性緑内障のリスクは高くなると考えられています。

原因がはっきりしないケースも多いですが、原発開放隅角緑内障は加齢や近視、遺伝、免疫などが関わって発症すると考えられています。また、原発閉塞隅角緑内障は眼球の形と加齢がリスク要因だと言われています。特に中高年の女性では原発閉塞隅角緑内障が多いとされており、注意が必要になってきます。

続発性緑内障

続発性緑内障とは、何らかの全身疾患などがあり、その影響によって引き起こされる緑内障です。ブドウ膜炎や眼のけが、眼の手術をしたことがあるなど、眼に何らかの原因がある場合や、糖尿病などの慢性疾患、ステロイドホルモンの長期使用など、ある種の薬の使用も緑内障を起こすことがあると言われています。

続発性緑内障のリスク要因を持っている人では、他に人に比べ緑内障を発症しやすいため、視野や視力には十分注意をし、定期的に眼科検診を受けられたほうがいいかもしれませんね。

原因やリスクを知って緑内障の早期発見

緑内障は何らかの原因で眼圧が上がってしまう病気です。ただし、その原因によって経過や症状はさまざまであり、発見が遅れて気づいた時には手遅れになってしまっているということも少なくないようです。

特に最近最も多いと言われている正常眼圧緑内障は、その症状に気付く人は1割に満たないと言われています。眼圧検査だけでは緑内障であると診断されない、注意が必要な緑内障です。

緑内障はその原因によってリスクになる要因が違ってきます。眼科疾患や糖尿病を持っている人では続発緑内障、高齢になってくると原発緑内障のリスクが高まってきます。また、緑内障の遺伝も無視できないと考えられており、親族に緑内障を発症した人がいる場合には、症状が無くても定期的に眼科検診を受けられておいた方がいいかもしれません。もちろん、そういった人だけでなく緑内障は、すべての人に失明のリスクをもたらします。原因をしっかり頭に入れて置き、緑内障の早期発見・早期治療ができるようにしておいてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る