アナフィラキシーショックの症状・原因・治療方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

アナフィラキシーショック(読み方:あなふぃらきしーしょっく)とはどんな病気なのでしょうか?その原因や、主にみられる症状、一般的な治療方法などについて、医療機関や学会が発信している情報と、専門家であるドクターのコメントをまじえつつ、医科サプリ編集部よりお届けします。

この記事の監修ドクター:
川本 徹 医師 みなと芝クリニック 院長

アナフィラキシーショックとは

アナフィラキシーとは・・・
アレルゲン等の侵入により、複数臓器に全身性にアレルギー症状 が惹起され、生命に危機を与え得る過敏反応

アナフィラキシーショックとは・・・
アナフィラキシーに血圧低下や意識障害を伴う場合

引用:アナフィラキシーガイドライン
https://anaphylaxis-guideline.jp/pdf/guideline_slide.pdf

川本 徹 医師 みなと芝クリニック 院長監修ドクターのコメント
人間の体には、細菌やウイルスなど異物が入ってきたときに「抗体」ができることにより、次に異物が入ってきた時に抵抗しようとする「免疫」というシステムがあります。しかし、この免疫の仕組みが過剰に反応し、逆に自身の体を傷つけてしまう症状を起こすことを「アレルギー」と言います。「アナフィラキシーショック」とは、アレルギー反応によって急速に全身性の症状が出て(特に呼吸器症状や血圧低下症状等)、ショック状態に陥っている状況を言います。

アナフィラキシーショックの症状

アナフィラキシーの症状はさまざまです。もっとも多いのは、じんましん、赤み、かゆみなどの「皮膚の症状」。次にくしゃみ、せき、ぜいぜい、息苦しさなどの「呼吸器の症状」と、目のかゆみやむくみ、くちびるの腫れなどの「粘膜の症状」が多いです。そして腹痛や嘔吐などの「消化器の症状」、さらには、血圧低下など「循環器の症状」もみられます。これらの症状が複数の臓器にわたり全身性に急速にあらわれるのが、アナフィラキシーの特徴です。
特に、急激な血圧低下で意識を失うなどの「ショック症状」も1割程みられ、これはとても危険な状態です。

引用:マイランEPD「アナフィラキシーってなあに.jp」
https://allergy72.jp/anaphylaxis/symptom.html

川本 徹 医師 みなと芝クリニック 院長ドクターの解説
アレルギーの原因物質に接したり食べたりした後、即時に全身性の症状が現れます。
呼吸困難や血圧低下を伴い、ショック状態に陥り危険な状態となります。現在、応急処置薬のエピペン(アドレナリン自己注射薬)というものがあります。これはアナフィラキシー症状の進行を一時的に緩和し、ショックを防ぐための補助治療剤です。
アナフィラキシーショックの兆候があったら、すぐに注射をして医療機関を受診するのが望ましいです。特にアレルギーを持っている小さいお子さんがいる場合、周りの大人は十分に注意する必要があります。

アナフィラキシーショックの原因

アナフィラキシーの原因は食べ物がもっとも多く、続いて蜂などの昆虫、薬物となっています。

・食べ物
鶏卵、牛乳、小麦、そば、ピーナッツなど、特定の食べ物を食べたときに起こります。子どもから大人まで幅広い世代でみられますが、特に乳幼児に多くみられます。
また、食べただけでは症状が出ないのに、食べて4時間以内に運動が組み合わさると症状が誘発される特殊なタイプに、「食物依存性運動誘発アナフィラキシー」もあります。

・蜂毒
スズメバチ、アシナガバチなどの蜂の毒液によるアレルギー反応。日本では、蜂刺されによるアナフィラキシーショックで年間20人ほどが亡くなっています。

・薬物
原因となる薬物の多くは、ペニシリンなどの抗生物質、アスピリンなどの解熱鎮痛剤、抗てんかん薬の頻度が多く、また、検査に使われる造影剤、その他に、ワクチンや麻酔薬、輸血なども原因となりやすい傾向があります。

・ラテックス(天然ゴム)
ラテックスはゴムノキの樹液に含まれる成分です。このため、天然ゴム製品に触れてアナフィラキシー反応が起こる場合があります。ラテックスは医療用手袋やカテーテルなどに使用されている他、風船や避妊具、ゴム靴、ゴム草履などの日用品に使われている場合もあります。
また、ラテックスアレルギーがあると、バナナ、アボカド、キウイなどにもアレルギーを起こす「ラテックス・フルーツ症候群」が知られています。

・運動
まれに運動中、もしくは運動直後にアナフィラキシーを起こす場合があり、運動誘発性アナフィラキシーと呼ばれています。運動を中止することにより、症状がおさまることが多いといわれています。

・その他
まれですが、クラゲなどの海洋生物による刺傷(ししょう)、ハムスター、ヘビ、ダニ、アリなどによる咬傷(こうしょう)、物理的刺激によるアナフィラキシーの報告もあります。また、原因の検査をしても特定できず、原因不明となる場合も少なくありません。

引用:マイランEPD「アナフィラキシーってなあに.jp」
https://allergy72.jp/anaphylaxis/factor.html

アナフィラキシーショックの経過と対応

アナフィラキシーの治療は1分1秒を争うので、薬物の服用後やハチ類の刺傷を受けたあとなどに皮膚症状、鼻咽頭症状があれば、ただちに病院へ受診します。アナフィラキシーの多くは、異種蛋白、薬物などを非経口的(注射)に生体内に取り込んだ時に起こりやすいのですが、原因物質に強く感作(かんさ)されている場合では、経口、経皮、あるいは気管から原因物質が入れば起こりうるとされています。
アナフィラキシー症状の出現時間は、個体の感作状態、原因アレルゲンまたは起因物質の量、投与経路によって異なります。典型的な全身性アナフィラキシーの場合、アレルゲンまたは起因物質の注射後5〜10分以内に始まりますが、最も早い場合は30秒以内に始まるので、注意を要します。
原則として症状の発現が早い場合は重篤で、遅いと軽い傾向にありますが、症状が進行性であることもしばしばです。なお、症状の発現まで30分以上かかることはまれです。

引用:gooヘルスケア
https://health.goo.ne.jp/medical/10S11500

川本 徹 医師 みなと芝クリニック 院長監修ドクターのコメント
原因としては、食物(牛乳、ピーナッツ、そば等)、昆虫(ハチ等)、医薬品、その他いろいろありますが、自分自身のアレルゲンを把握しておくことは、アナフィラキシーショックにならないように対策するために、非常に重要です。

アナフィラキシーショックの治療方法

アナフィラキシーショックは発症が非常に急激で、かつ気道の閉塞を伴います。それによる死亡は初期の1〜2時間に起こり、多くは喉頭のむくみや不整脈による心停止などが原因です。さらに重篤な酸素欠乏症と血圧低下によっても起こります。したがって、治療の目的は呼吸と循環を緊急に改善することです。
まずは気道の確保と酸素吸入が重要で、それから輸液および薬剤を投与するための静脈確保が行われます。

引用:gooヘルスケア
https://health.goo.ne.jp/medical/10S11500

川本 徹 医師 みなと芝クリニック 院長監修ドクターのコメント
アレルギー体質に関しては、大人になるにしたがって少量ずつ抗原に曝露されていくと、減感作療法と同じように免疫が反応しにくくなるといったことはあるかもしれませんが、薬で完治するというのは難しいです。免疫抑制剤やステロイド剤を飲めば反応は抑えられますが、副作用が大きいので通常はこういったことは行いません。

少しずつアレルギーの原因物質(抗原)を舌の下にいれる舌下法による減感作療法や、皮下注射による減感作療法もありますが、一時期この治療法でショックを起こして事故になったケースもあって、特に食物アレルギーでは専門家による入院での治療以外は推奨される治療法ではないと言われることもあり、難しいと思われます。

もう一つのアレルギーの経路として、食物アレルゲンが皮膚から入ってくることがあり、それによって自然に感作されて抗体を持ち、自分が食物アレルギーであることを知らずに原因物質を食べた後、アナフィラキシーショックになるといったこともあります。


この記事の監修ドクター

川本 徹 医師 みなと芝クリニック 院長川本 徹 医師 
みなと芝クリニック 院長

PROFILE

●経歴
川本 徹 博士(医学)

1987年 筑波大学医学専門学群卒業

1993年 筑波大学大学院医学研究科修了

1996年 筑波大学臨床医学系外科(消化器)講師

2003年 米国テキサス大学MDアンダーソン癌センター客員講師

2008年 東京女子医科大学消化器病センター外科非常勤講師

2010年5月より、 みなと芝クリニック 院長

2013年 東邦大学医学部医学科 客員講師

●資格・認定医

・専門分野  消化器内科/外科、肛門外科

・認定医・専門医  日本外科学会 認定医 日本消化器外科学会 認定医 日本消化器病学会 専門医

●連携医療機関

・東京都済生会中央病院登録機関 聖路加国際病院登録医

・その他の所属学会 米国臨床腫瘍学会 正会員 米国癌学会 正会員

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る