膵嚢胞の症状や原因、治療方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

膵嚢胞(読み方:すいのうほう)とはどんな病気なのでしょうか?その原因や、主にみられる症状、一般的な治療方法などについて、医療機関や学会が発信している情報と、専門家であるドクターのコメントをまじえつつ、医科サプリ編集部よりお届けします。

この記事の監修ドクター:
寒河江 三太郎 医師 厚木胃腸科医院 院長

膵嚢胞とは

膵嚢胞(すいのうほう)とは、膵臓の内部や周囲にできる様々な大きさの「袋」のことで、症状はなくCTやMRI検査などにより偶然発見されることの多い病気です。

引用:東京医科歯科大学 肝胆膵外科
http://www.tmd.ac.jp/grad/msrg/pancreas/cancer02.html

寒河江 三太郎 医師 厚木胃腸科医院 院長監修ドクターのコメント
嚢胞とは、さまざまな大きさの液体のたまりのことを言い、肝臓や腎臓、膵臓などに出来ます。ほとんどの場合症状はなく、検診での腹部超音波検査などにより偶然見つかることの多い病気です。膵臓にできる嚢胞の場合、膵炎のような炎症よるのう胞と、膵管の粘膜に粘液を作る腫瘍細胞ができることでつくられる、腫瘍性膵嚢胞というものがあります。腫瘍性膵嚢胞には、最も多い膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)や粘液性嚢胞腫瘍(MCN)、漿液嚢胞腫瘍(SCN)などがあります

膵嚢胞の症状

症状は通常ありません。しかしのう胞の種類によってはお腹が張る、痛いといった症状が出ることがあります。

引用:NTT東日本 関東病院
https://www.ntt-east.co.jp/kmc/guide/gastroenterology/tansui/09_suinoho.html

寒河江 三太郎 医師 厚木胃腸科医院 院長ドクターの解説
膵嚢胞では症状が出ることは少なく、健診などでたまたま見つかる場合の多い疾患です。まれに嚢胞による圧迫により膵液の流れが悪くなると、急性膵炎を起こすこともあります。

膵嚢胞の原因

急性膵炎や慢性膵炎に伴ってできる嚢胞はもちろん良性疾患となりますが、一方で、炎症とは関連のない「腫瘍性膵のう胞」というものがあります。膵臓で作られた膵液を十二指腸へと流す膵管の粘膜に「粘液を作る腫瘍細胞」ができ、この粘液が膵内にたまって袋状に見えるものが「腫瘍性膵のう胞」となります。従って、まず炎症によりできた「炎症性のう胞」と腫瘍により分泌された粘液がたまった「腫瘍性膵のう胞」とを区別することがとても大切です。以前は「粘液産生性膵腫瘍」などとも呼ばれていましたが、現在では、少し難しい名称ですが、膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)と粘液性嚢胞腫瘍(MCN)、漿液性嚢胞腫瘍(SCN)などに分類されています。

引用:東京医科歯科大学 肝胆膵外科
http://www.tmd.ac.jp/grad/msrg/pancreas/cancer02.html

膵嚢胞の検査法

CT検査

近年、multi-detector CT(MDCT)の発達により,数mm単位で膵臓の微細な構造まで検出できるようになり、必須の検査です。特に、造影剤を注射して撮影するCT検査(dynamic CT)では、膵腫瘍の大きさやひろがり、悪性所見などの有無を調べることが可能です。

MRI/MRCP(MR胆管膵管撮影)検査

造影剤を使用せずに、膵管や胆管を特に強調して描出することが可能で、膵管拡張の程度や嚢胞性腫瘍との位置関係を評価したり、膵管と交通のない嚢胞性病変を描出することが可能です。また、多方向、様々な厚さの画像情報が得られ、ガイドラインでも、経過観察の際に施行すべき検査方法として位置付けられています。

超音波内視鏡検査(EUS)

小さな病変の描出が可能で、膵嚢胞性病変の鑑別に欠くことのできない有用な検査です。胃カメラの先端に超音波装置が装備されており、患者さんは内視鏡(胃カメラ)と同じ要領で、口からファイバーを内服していただきます。胃や十二指腸の壁を通して、膵臓、胆管に異常がないかエコー検査を行います。場合によっては、腫瘍組織を一部採取したり、内容物を吸引したりすることも可能です。

引用:広島大学大学院 医歯薬保健学研究科
http://surgery1.hiroshima-u.ac.jp/about/diagnosis/folder6/post-22.html

寒河江 三太郎 医師 厚木胃腸科医院 院長監修ドクターのコメント
膵嚢胞が見つかった場合、腫瘍性膵のう胞かどうか、特に悪性を疑う所見があるかどうかが大切です。CTやMRI(MRCP)もしくはEUS(内視鏡での超音波検査)などで悪性所見の有無を確認します。たとえばIPMNで悪性を疑う所見は、黄疸などの症状がある場合や主膵管型の場合、主膵管が10mm以上であることや、分枝型では3cm以上で壁在結節や隔壁肥厚を認めるなどがあり、症例によって検討されています。また、それ以外の場合でもMRCPなどでの定期的な経過観察が必要になります。

膵嚢胞の治療方法

膵のう胞は上記の様に、①基本的に心配のないもの、②発がんリスクが低いものの有るため定期的な経過観察が必要なもの、③発がんリスクが高いため手術が必要なもの、④がん に分けられます。検診で発見される膵のう胞は、②の発がんリスクが低いものの有るため定期的な経過観察が必要であるIPMNであることが分かっています。当院では400人以上のIPMNの方が定期的に通院しています。IPMNはがん化することが有り、当院でも毎年数人の方は手術が必要になり入院精査の後に外科で手術を受けています。

引用:NTT東日本 関東病院
https://www.ntt-east.co.jp/kmc/guide/gastroenterology/tansui/09_suinoho.html

寒河江 三太郎 医師 厚木胃腸科医院 院長監修ドクターのコメント
慢性膵炎などの炎症に伴う嚢胞に対しては、原疾患の治療が重要になります。膵のう胞性腫瘍の場合、悪性が疑われる場合には、外科手術が考慮されます。悪性化している場合、膵管外進展していると、通常の膵がんと同様に悪性度の高いがんとなります。比較的癌化リスクの低いといわれるIPMNの分枝型の場合でも、定期的な経過観察は必要になります。


この記事の監修ドクター

寒河江 三太郎 医師 厚木胃腸科医院 院長寒河江 三太郎 医師 厚木胃腸科医院 院長

PROFILE

平成19年 北里大学医学部医学科卒業。

平成19年 北里大学医学部医学科卒業。国際親善総合病院にて初期研修後、慶應義塾大学一般・消化器外科教室入室。

平成21年 稲城市立病院 外科。

平成22年 平塚市民病院 外科。

平成23年 慶應義塾大学病院 一般・消化器外科。

平成27年6月 厚木胃腸科医院院長。

日本消化器内視鏡専門医。日本外科学会専門医。日本医師会認定産業医。日本禁煙学会認定指導医。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る