これって喘息?小児気管支喘息の原因や診断方法を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

子供が「ゼーゼー」「ヒューヒュー」と苦しそうに肩で息をしている場合は、小児喘息の疑いがあります。喘息は、気道や気管支に炎症が起こることで空気のとおり道が狭くなり、呼吸困難や咳といった症状が現れる病気です。今回このページでは、喘息の疑いがあるお子さんをお持ちのご両親のために、セルフチェックのポイントや病院で行われている小児気管支喘息の検査や診断方法について、医科アプリ編集部がお届けします。

小児喘息の原因や診断方法

気管支喘息とは、呼吸する時の空気のとおり道である気管や気管支が炎症を起こすことで狭くなり呼吸が苦しくなったり、咳が出たりする病気です。成人の約4%、小児の場合は約8%から10%程が罹患しているといわれており、子供の時期にかかるものを「小児気管支喘息」または「小児喘息」といいます。小児喘息の主な原因は、ホコリやカビなどのハウスダストやダニ、ペットの毛であることが多く、アレルギー体質のお子さんほどかかりやすくなります。

その他にも、季節の変わり目や台風接近による気温や気圧の変化。卵やそば、ナッツ類といった食品の摂取。タバコの煙や自動車の排気ガス。花粉(スギ、ブタクサ、ヒノキ)や昆虫。負荷の高い運動、ストレス、遺伝的要因などによっても小児喘息の症状が引き起こされることがあります。

1度炎症を起こしてしまった気道はとても敏感になるので、少しの刺激でも反応するようになってしまいます。そのため小児喘息は慢性化しやすい、やっかいな病気であるともいえます。喘息を治療するためには、なるべく発作を起こさないようにする予防と体調コントロール、発作が起きた時のすばやい対処が大切になりますが、まずは小児喘息を引き起こしている原因をきちんと知ることも大切になります。そこで次からは、病院で行われている診断方法や検査方法を紹介していきます。

2歳未満の子供の場合の診断方法

乳幼児の場合は、急性細気管支炎や誤ってミルクが気管や喉頭に入ってしまう誤嚥(ごえん)などの喘息ではない要因でも「ゼーゼー」「ヒューヒュー」といった喘鳴(ぜんめい)があらわれることがあるので、とくに診断が難しいといわれています。乳児喘息の診断の目安としては、お子さんが息を吐く時に「ゼーゼー」「ヒューヒュー」という喘鳴を1週間以上の期間をあけて3回以上繰り返すこと、と小児気管支喘息治療管理ガイドラインに記されています。

わかりやすくいうと、最初の「ゼーゼー」「ヒューヒュー」という喘鳴が起こり(1回目)、その症状が治まってから1週間以上の期間をあけて再び喘鳴がみられ(これが2回目)その症状が治まり、さらに1週間以上の期間をあけて3度目の喘鳴がみられるような場合に乳児喘息の可能性が高いと診断されます。

2歳以上の子供の場合の診断方法

2歳以上の子供の場合も、気管支炎や誤嚥、食物アレルギーによる喘鳴が起こることもあるので、本当に喘息なのかどうかは慎重に見きわめる必要があります。病院での診断は、問診やさらに詳しい原因を知ることができる検査の結果によって総合的に診断します。

喘息の診断の材料にするために行われる検査

小児喘息は、問診や症状、経過によって主に診断されますが、さらに詳しい原因を知るためにも次のような検査を実施して診断の材料としています。ここでは、喘息の補助診断として、病院ではどのような検査が行われるのかについて説明してきます。

アレルギー検査

小児喘息の主な原因はアレルギーに起因するものが大半です。そこで病院では、皮膚テストや血液検査、アレルゲン吸入テストを実施して、どのアレルゲンに対して反応しやすいかといったことを調べます。血液検査では、血液中のIgE抗体値を測定することでどの物質にアレルギー反応が現れるのかを絞り込むことができます。アレルゲン吸入テストでは、実際に疑わしいアレルゲン吸入してみて発作が起こるかたしかめることで、アレルギー性喘息かどうかを判断します。皮膚テストでは、アレルゲンの液体を皮膚につけて、痒みや腫れの反応をたしかめます。

肺機能検査

ある程度の年齢のお子さん(6歳~7歳以上)になると肺機能検査(スパイロメーター)を実施することで、喘息の重症度を測る診断材料とします。肺機能検査は発作の症状が安定しているときに行われ、お子さんがもっている肺活量をはじめとした肺機能を調べることで、発作が起きていないときの気道の状態を調べます。

胸部X線検査

「ゼーゼー」「ヒューヒュー」という喘鳴ばかりでなく、発熱や喉、胸の痛みがみられるときには胸部X線検査を行うこともあります。この検査を行うことによって、喘息以外にも気胸や肺炎といった合併症を発症していないかどうかを調べることができます。また、喘息との区別が難しいときには、「呼気中一酸化窒素(eNO)測定」することで、気道の炎症を推測したり、「気道過敏性テスト」を実施したりすることで診断材料の助けとすることもあります。

喘息の診断の流れや病院に行く前のセルフチェックポイント

病院では、問診や「ゼーゼー、ヒューヒュー」という喘鳴を医師が直接聞くことで診断の材料としますが、小さいお子さんは自分の症状やつらさを医師に上手に伝えることは難しく、また、医師の診察時に必ずしも喘鳴があるとは限りません。そこで小児喘息の診断を受けるときには、お子さんと長い時間一緒にいるお父さんやお母さんが、お子さんの普段の喘息の症状を医師に的確に伝えることが重要になってきます。

普段からお子さんをよく観察して「いつ・どこで・どんなときに」どの程度の発作があったのかをきちんと記録しておくことで、正確な情報を医師に伝えることができます。また、小児喘息は食べ物アレルギーが原因となることも多いので、普段の食事内容なども伝えられるようにしておきましょう。

喘息の診断の流れ

それでは最後に一般的な小児気管支喘息の診断の流れについて紹介します。医師や病院よっても診断や検査の流れは若干異なりますが、一般的には小児喘息の診断の流れは下記のとおりです。

診断(検査)の流れ

1、問診
2、気道が狭くなっていないかを調べる。(呼吸機能検査)
3、気道過敏性の検査を実施して、気管が敏感に収縮する程度を調べる。
4、好酸球数の数値から気道炎症の状態を確認。
5、喘息と類似する症状ではないかを確認するための検査や、詳しい原因を探るための検査を実施する。血液検査、アレルギー検査、胸部X線検査、呼気中一酸化窒素(eNO)測定など。

喘息の診断には普段からお子さんをよく観察しておくのが大切

お子さんが小児気管支喘息の疑いがあり、病院で診断してもらうときには、お子さんの普段の症状をご両親が医師に正確に伝えることが治療を進めていく上でもとても重要になってきます。とくに乳幼児の場合には、喘息以外にも喘鳴症状が現れることも多いので、両親からの情報が医師にとっては診断材料としても重要な情報源になります。お子さんの喘息が疑われるときには、「いつ・どこで・どんな時に」どの程度の喘息症状が現れたのかを、医師の診断を受ける前にきちんと把握しておくことが重要です。

また、今回紹介してきたように小児気管支喘息の原因は、ハウスダストやダニなどをはじめとするアレルゲンによって引き起こされることが多くあります。お子さんの健康のためにも、なるべく普段から清潔な環境を心がけることも小児気管支喘息を予防するためには大切なことですよ。

小児気管支喘息の小児科 関東編

千葉医院

電話番号 03-3941-1340
住所 東京都文京区千石1-6-16 ライズヒル千石101
アクセス 都営地下鉄三田線 千石駅 A4出口 徒歩5分
診療時間 【平日】9:00~12:00/16:00~19:00
【土曜】9:00~12:00
休診日 水曜日・日曜日・祝日
Pickup 【専門医など資格】
・日本小児科学会認定 小児科専門医
・日本小児呼吸器疾患学会 前編集委員、前運営委員
・日本小児耳鼻咽喉科学会 前運営委員
・日本小児アレルギー学会 会員
・日本小児科医会 会員
・医学博士
URL http://chiba-clinic.jp/index.html
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る