内視鏡コラム

内視鏡検査や、内視鏡手術など、幅広く内視鏡についてのコラムを医科サプリ編集部がお届けします。

内視鏡検査でピロリ菌の感染が診断できる!

最近の研究でピロリ菌が胃がんなどのさまざまな疾病を引き起こす要因になっていることがわかってきました。ピロリ菌に感染してしまうと、ピロリ菌が作り出す酵素「ウレアーゼ」と胃の粘膜が反応して、アンモニアなどの有害物質を発生させます。この有害物質が胃粘膜を傷つけ、炎症が起こすことで、潰瘍や「がん」などの疾病を引き起こすと考えられています。ここでは、内視鏡によるピロリ菌の検査について、医科サプリ編集部がお届けします。

胃内視鏡検査と胃バリウム検査の方法や特徴についての比較

胃ガンや胃潰瘍などの病気を早期発見するためには、専門機関での定期的な検診が有用とされています。その中でも主流となっている検査方法に「胃内視鏡検査」と「胃バリウム検査」が挙げられます。

では、それらの検査方法にはどのようなメリットがあり、どんな検査方法なのか、それぞれの特徴を探っていきましょう。

今回は、胃の検査をするに当たり事前に基礎知識を知っておき、自分に合った検査方法を選択できるよう様々な角度からについて、医科サプリ編集部がお届けします。

経鼻内視鏡と経口内視鏡との違いは?受け方や麻酔方法

日本人の死亡原因の上位を占める胃がんや大腸がんなどの消化器系腫瘍。その早期発見に有効とされる胃カメラとも呼ばれる内視鏡検査を苦手としている人は多いのでは。

ここでは比較的苦痛が少ないと言われる経鼻内視鏡検査の受け方や麻酔方法、経口内視鏡との違いなどを詳しく説明していきます。内容を知ることが疑問や不安解消につながります。

経鼻内視鏡と経口内視鏡との違いや受け方、麻酔方法について医科サプリ編集部がお届けします。

大腸内視鏡検査で麻酔を使うメリット・デメリット

大腸内視鏡検査は太さ10~13mmの内視鏡を肛門より挿入し、直接、消化器粘膜を観察する検査方法です。肛門より直接内視鏡を挿入するため、個人差はあるものの痛みや違和感を伴う検査です。それを和らげるために麻酔(鎮静剤)を使用することも可能です。

大腸内視鏡検査とはどんなものなのかという概要と共に、麻酔を使用するメリット・デメリットについて医科サプリ編集部がお届けします。

大腸内視鏡検査の受け方を詳しく解説

大腸内視鏡検査は、健康維持のため積極的に受けたほうが良いといわれている検査です。この検査はどのような目的で行われるのでしょうか。また、どのように受けるのでしょうか。ここでは、大腸内視鏡検査の概要と受け方などを解説します。以上を理解することで、検査の必要性や検査前日・当日・後日の過ごし方などが分かります。大腸内視鏡検査に興味をお持ちの方は参考にしてください。

少ない苦痛で受けられる!麻酔を使った胃内視鏡検査

胃炎や胃潰瘍などの確定診断には、胃内視鏡検査が必要です。しかし、金銭面や身体にある程度の負担がかかるため、医師にすすめられても受けないという方もいるのではないでしょうか。胃内視鏡検査の苦痛を和らげたい場合は、麻酔を受けることをおすすめします。ここでは、麻酔を使った胃内視鏡検査について医科サプリ編集部がお届けします。

胃内視鏡検査(胃カメラ)を受ける前に知っておきたいポイント

健康診断などで胃内視鏡検査が必要といわれて、不安を感じている方が多いかもしれませんね。胃内視鏡検査あるいは胃カメラとは、どのような検査なのでしょうか。

お困りの方に向けて、検査の概要と検査前に知っておきたいポイントなどを解説します。安心して検査に臨めるように、胃内視鏡検査の知識を深めてみてはいかがでしょうか。胃内視鏡検査(胃カメラ)について、医科サプリ編集部がお届けします。

経鼻内視鏡って痛い?経鼻内視鏡の受け方や検査

内視鏡検査は辛い、というイメージがありますが、経鼻内視鏡検査は痛いのでしょうか。痛いとしたらどのくらい痛いのか、他の方法で検査できないかも気になります。そもそも内視鏡検査で何が分かるのか、どんなときに受けたら良いのかも知っておきたいですよね。経鼻内視鏡検査の詳細や、痛み、検査の流れについてお伝えします。

痛くない大腸内視鏡検査の方法

男女問わず増えている大腸がん。早期に発見し、治療を行えばほとんどのものが完治するともいわれています。早期発見をするのに有効な検査が大腸内視鏡検査です。しかし、検査には苦痛を伴うという話が多く、なかなか勇気を出せない人がいるかもしれません。

大腸内視鏡検査の苦痛はどこにあるのでしょうか?痛くない大腸内視鏡検査の方法について、医科サプリ編集部がお届けします。

内視鏡を使った生検は体のどんな場所が対象?専門用語も解説!

内視鏡を使った検査を受けたことがありますか?人間ドックなどで、胃や大腸に内視鏡を使用した検査を受けたことがある人もいることでしょう。内視鏡での検査は、がんの早期発見に有効と言われています。また、検査で腫瘍が見つかったときなどに、悪性か良性かの判断をしたり、治療方針を決めるために行う検査として、体への負担が少なく済むのが内視鏡を使った生検と言われています。

今回は、内視鏡や生検について解説するとともに、内視鏡を使った生検について、医科サプリ編集部がお届けします。