内視鏡コラム

内視鏡検査や、内視鏡手術など、幅広く内視鏡についてのコラムを医科サプリ編集部がお届けします。

保護中: 逆流性食道炎とはどんな病気?気になる症状や治療法について

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

内視鏡は保険が効かない!?3割負担で良い場合とそれ以外の検査費用

内視鏡検査は全て保険適用だと思っていませんか?

「健康診断、バリウムは気が乗らないけど、内視鏡ならやってみよう」と考える人も少なくないでしょう。

しかし、内視鏡は費用がかさむ場合も!

今回は内視鏡検査で、保険適用と効かないケースのそれぞれを解説します!

この記事の監修ドクター:
阿部 泰伸 歯科医師(阿部クリニック 院長)

痛くない大腸内視鏡検査の方法

男女問わず増えている大腸がん。早期に発見し、治療を行えばほとんどのものが完治するともいわれています。早期発見をするのに有効な検査が大腸内視鏡検査です。しかし、検査には苦痛を伴うという話が多く、なかなか勇気を出せない人がいるかもしれません。

大腸内視鏡検査の苦痛はどこにあるのでしょうか?痛くない大腸内視鏡検査の方法について、医科サプリ編集部がお届けします。

アニサキス治療における内視鏡検査について徹底解説!

脂ののった美味しいお刺身が大好物!という方も多いかと思います。

特に日増しに暖かくなってくるこの季節、美味しいお刺身を肴によく冷えたビールをググっと飲むのは何事にも代えられない喜びだという方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、海産魚介類の生食である刺身や寿司には「アニサキス症」というリスクがある事を忘れてはいけません。

海産魚介類の生食を原因とするこの「アニサキス症」という寄生虫症について耳にする機会も多いとは思いますが、万が一発症してしまった場合どのような検査や治療がおこなわれるかについてはご存知ない方も多いかと思います。

そこで今回は、アニサキス治療と内視鏡検査の関係性や、その治療の有効性などについて医科サプリ編集部がお届けいたします。

内視鏡検査でピロリ菌の感染が診断できる!

最近の研究でピロリ菌が胃がんなどのさまざまな疾病を引き起こす要因になっていることがわかってきました。ピロリ菌に感染してしまうと、ピロリ菌が作り出す酵素「ウレアーゼ」と胃の粘膜が反応して、アンモニアなどの有害物質を発生させます。この有害物質が胃粘膜を傷つけ、炎症が起こすことで、潰瘍や「がん」などの疾病を引き起こすと考えられています。ここでは、内視鏡によるピロリ菌の検査について、医科サプリ編集部がお届けします。

胃内視鏡検査と胃バリウム検査の方法や特徴についての比較

胃ガンや胃潰瘍などの病気を早期発見するためには、専門機関での定期的な検診が有用とされています。その中でも主流となっている検査方法に「胃内視鏡検査」と「胃バリウム検査」が挙げられます。

では、それらの検査方法にはどのようなメリットがあり、どんな検査方法なのか、それぞれの特徴を探っていきましょう。

今回は、胃の検査をするに当たり事前に基礎知識を知っておき、自分に合った検査方法を選択できるよう様々な角度からについて、医科サプリ編集部がお届けします。

経鼻内視鏡と経口内視鏡との違いは?受け方や麻酔方法

日本人の死亡原因の上位を占める胃がんや大腸がんなどの消化器系腫瘍。その早期発見に有効とされる胃カメラとも呼ばれる内視鏡検査を苦手としている人は多いのでは。

ここでは比較的苦痛が少ないと言われる経鼻内視鏡検査の受け方や麻酔方法、経口内視鏡との違いなどを詳しく説明していきます。内容を知ることが疑問や不安解消につながります。

経鼻内視鏡と経口内視鏡との違いや受け方、麻酔方法について医科サプリ編集部がお届けします。

大腸内視鏡検査で麻酔を使うメリット・デメリット

大腸内視鏡検査は太さ10~13mmの内視鏡を肛門より挿入し、直接、消化器粘膜を観察する検査方法です。肛門より直接内視鏡を挿入するため、個人差はあるものの痛みや違和感を伴う検査です。それを和らげるために麻酔(鎮静剤)を使用することも可能です。

大腸内視鏡検査とはどんなものなのかという概要と共に、麻酔を使用するメリット・デメリットについて医科サプリ編集部がお届けします。

大腸内視鏡検査の受け方を詳しく解説

大腸内視鏡検査は、健康維持のため積極的に受けたほうが良いといわれている検査です。この検査はどのような目的で行われるのでしょうか。また、どのように受けるのでしょうか。ここでは、大腸内視鏡検査の概要と受け方などを解説します。以上を理解することで、検査の必要性や検査前日・当日・後日の過ごし方などが分かります。大腸内視鏡検査に興味をお持ちの方は参考にしてください。

少ない苦痛で受けられる!麻酔を使った胃内視鏡検査

胃炎や胃潰瘍などの確定診断には、胃内視鏡検査が必要です。しかし、金銭面や身体にある程度の負担がかかるため、医師にすすめられても受けないという方もいるのではないでしょうか。胃内視鏡検査の苦痛を和らげたい場合は、麻酔を受けることをおすすめします。ここでは、麻酔を使った胃内視鏡検査について医科サプリ編集部がお届けします。