網膜は眼球の内側にある、神経でできた膜です。そのほぼ中央にある「黄斑」は、見るものをクリアに感じる部分。黄斑上膜とは、この黄斑上に半透明の膜ができる病気です。通常は失明することはないそうですが、進行すると、治療法は手術のみとなります。視力が落ちたと感じたり、なんとなく歪んで見えると思ったりしたら、まずは検査を受けてみてください。黄斑上膜について、MedicalDOC編集部がお届けします。