緑内障

視野が狭くなる病気?緑内障の症状と治療法について

視野が少しずつ狭くなる病気を緑内障と言います。緑内障は自覚症状が出にくく、悪化してから病院の診察を受けるというケースを防ぐために、早期発見と早期治療が必要です。では、緑内障はどのようなメカニズムで発症するのでしょうか。緑内障の症状、治療方法について、医科サプリ編集部がお届けします。

なぜ眼圧が上がるの?緑内障が起こる原因とメカニズムとは

成人の失明原因として最も多い緑内障。緑内障という言葉はよく聞くものの、どんな原因で起こってしまうのか知らないという人も多いのではないでしょうか。一般的には眼圧が上がることで起こりますが、眼圧が正常で起こる緑内障もあります。眼圧が上がる原因もいくつかあり、その原因によって、急激な眼圧上昇により激しい症状を起こすタイプもあれば、ほとんど症状が出ないまま徐々に進行するタイプもあります。

原因を知っておくことで、早期発見につながる可能性もあります。40歳以上の5%、70歳以上の10%が罹患していると言われている緑内障。緑内障の原因について、医科サプリ編集部がお届けします。

方法は3つ!緑内障の検査と治療方法について

片目を閉じると、ものが見える範囲が狭くなっていませんか。視野が少しずつ狭くなる病気を緑内障と呼びます。緑内障は末期になると失明リスクが高まると言われていますが、どのような治療方法が施されるのでしょうか。治療の種類や効果、日常生活で緑内障を予防する方法まで、緑内障の治療方法について医科サプリがお届けします。

緑内障治療にはいくら必要?診察・検査・目薬・手術にかかる費用

40歳以上の20人に1人の割合で発生するという緑内障。治療にはいくつかの選択肢がありますが、どの治療方法を選択しても、基本的には一生付き合っていく必要がある病気です。そうなると気になるのが緑内障の診察や治療にかかる費用ですよね。

緑内障の診察・治療に関わる費用としては、緑内障と診断するための診察料や検査代、毎回の再診料、目薬の代金があり、レーザー治療や手術を行う場合はその手術費も必要になります。
これらの診察・治療にはどのくらい費用が必要なのでしょうか?また、負担を軽くできる方法はないのでしょうか?今回は、緑内障にかかる費用について、歯科サプリ編集部がお届けします。

緑内障の手術って?手術の適応から最新のチューブシャント術まで

緑内障は日本人の失明原因として一番多い病気です。眼圧が上がることで視野や視力に影響が出て来る緑内障の治療は、眼圧を正常に抑えることを目的に行います。緑内障の治療方法には、点眼治療やレーザー治療などがありますが、これらの治療で眼圧がうまくコントロールできない場合に必要になるのが外科手術です。

時に外科手術は緑内障の治療として必要不可欠なものですが、目の手術と聞くとやはり怖いですよね。そこで、今回は緑内障の手術について、手術適応から手術の術式、手術の合併症まで徹底的に調査しました。最近保険適応になった最新のチューブシャント術を含め、緑内障の手術に関して医科サプリ編集部がお送りいたします。

緑内障とはどんな病気か?検査方法や治療方法は?

緑内障とは患者数が多い目の病気で、初期段階でほとんどの人の自覚症状がないという特徴があります。緑内障になっていても気づかない人が多い緑内障は、日本では失明の原因第1位の病気です。緑内障の症状やなりやすい人の特徴、検査方法、治療をする場合、どのような方法が取られるかなど、緑内障について、歯科サプリ編集部がお届けします。