網膜剥離

網膜剥離とはどんな病気?

網膜剥離とは、眼球内の網膜という膜が何らかの原因で剥がれてしまう病気です。視力の低下は勿論、最悪の場合、失明などの恐ろしい症状を引き起こしてしまいます。
格闘家やボクシング選手などが発症する病気というイメージがあるかも知れませんが、誰でも発症する可能性がある病気です。

網膜剥離とはどのような病気なのか、網膜とは、網膜剥離の症状、網膜剥離の治療法など、医科サプリ編集部がお届けします。

網膜剥離の手術

網膜剥離は網膜が何らかの原因により、剥がれしまう病気です。症状が進行してしまうと、視野欠損、視力低下、そして失明という症状を引き起こす、恐ろしい病気です。網膜剥離の治療では、その状態によりレーザーを使用した網膜光凝固術、手術療法が選択されます。

今回は網膜剥離での手術ではどのような手術がおこなわれるのか、手術の内容について医科サプリ編集部がお届けします。

網膜剥離の治療方法

網膜剥離は視力低下や視野狭窄などの症状だけでなく、さらに進行すると失明の危険がある病気です。網膜とは非常に薄く繊細な組織で、病状によって治療法も選択されます。残念ながら治療をしても、視力の回復が難しい場合や、失明を避けられない場合もあるのです。網膜剥離の治療法にはどのようなものがあるのか、また症状により治療法がどのように選ばれるかなど、医科サプリ編集部がお届けします。