加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは

加齢性黄斑変性と病気を知っていますか?実は日本人の失明原因の第4位の病気です。

以前は日本では少ない病気でしたが、ライフスタイルや食生活の変化に伴い、近年増加傾向にあります。加齢性黄斑変性とはどのような病気なのか、どんな症状が起こるのか、どんな治療をするのかなど、加齢性黄斑変性について医科サプリ編集部がお届けします。

新生血管黄斑症、加齢黄斑変性症の原因・症状・治療方法とは?

新生血管黄斑症(読み方:しんせいけっかんおうはんしょう)、加齢黄斑変性症(読み方:かれいおうはんへんせいしょう)とはどんな病気なのでしょうか?その原因や、主にみられる症状、一般的な治療方法などについて、医療機関や学会が発信している情報と、専門家であるドクターのコメントをまじえつつ、医科サプリ編集部よりお届けします。

この記事の監修ドクター:
安里 良 医師 安里眼科 総院長

失明リスクが下がる加齢黄斑変性の手術法

加齢黄斑変性とは、年齢を重ねるにつれて網膜色素上皮の下に老廃物が溜まったり、不良な新生血管ができて出血したりしておこる黄斑部の不具合です。視力が低下し、ものが見えにくくなったり歪んで見えたりします。欧米成人の失明原因第1位です。日本でも、高齢化と生活の欧米化により近年患者が激増し、失明原因の第4位となっています。高齢になるほど患者が多く、50歳以上の人の約1%にみられます。しかし、近年新たに治療法が開発され、多くの患者の視力維持や改善に成果をあげています。そんな加齢黄斑変性の手術について、医科サプリ編集部がお届けします。