中絶

一般的に行われている人工妊娠中絶手術の方法

中絶とは、人工妊娠中絶手術を指し、さまざまな事情によって妊娠を継続できなくなり、中断するための手術のことをいいます。中絶手術には、さまざまな方法があり、大きく違ってくるのは妊娠週数の進み具合による違いです。妊娠12週を超えると初期と同じ方法では対応ができなくなります。ここでは、中絶手術の方法について、MedicalDOC編集部がお届けします。

この記事の監修ドクター: 田中 正司 医師 おおやクリニック 院長

人工妊娠中絶ができる時期と中絶手術の妥当な時期

人工妊娠中絶の件数は年間15万件を超えており、予定をしていなかった妊娠に対してやむを得ず人工妊娠中絶を選択する女性は少なくありません。ただ、お腹の中の赤ちゃんも大切な命のため、その命を守るために人工妊娠中絶ができる時期にはリミットがあります。人工妊娠中絶ができる期間と手術を行うのにベストとされている時期について、MedicalDOC編集部がお届けします。 この記事の監修ドクター: 伊藤 晄二 医師(栄産婦人科 院長)

中絶手術の一般的な流れと基礎知識

人工妊娠中絶は、年間16万件以上行われている手術です。365日の平均で、毎日どの都道府県でも10件近く行われている計算になります。人工妊娠中絶が許されるのは、母体の保護に必要だからであり、赤ちゃんが要らないからという理由では認められません。また、中絶手術の合併症などによって不妊になってしまうこともあります。このように、人工妊娠中絶は簡単な手術ではありません。イメージで中絶を語るのではなく、実際の人工妊娠中絶の流れを知ることが重要です。 中絶手術の流れと周辺知識について、MedicalDOC編集部がお届けします。 この記事の監修ドクター: 白須 宣彦 医師(ホワイトレディースクリニック 院長)